上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
夕刻、らぶが「ミナト」に帰ってきた。手にはバラの花束。

麦「?」
らぶ「綺麗でしょ~。jiwerちゃん家に遊びに行ったら切ってくれたの。Pちゃんの机に飾ろうと思って。あそこ、殺風景だから」
部屋の隅から声が上がった。
prowler「や~、ありがとう」
らぶ「あっ、Pちゃん二人いるんだったわ。忘れてた」

戸口から声が上がった。
「俺はいいからそっちに飾ってやれ。もう一人のPがいじけてるぞ」

pincompがライフルを手に立っていた。
麦「・・・帰ってきたのか」
pincomp「まあな。紹介したい奴がいる」
らぶ「だっ、誰その人? まさかPちゃんの」
pincomp「そう、そのまさか。俺のセクシースペシャルビ~ムでコロっと寝返った、Y!政府の女スパイだ。手懐けるまでにアレコレ小一時間・・・」
エライザ「ちょっと!ヘンな紹介しないでよ!!」

エライザを加え、「ミナト」に11人のブロガーが揃った。
エライザの話は衝撃的だった。
Y!王国の中でも、B地区の治安だけが異様に悪いこと。
Y!政府はこの現状を把握しながら、小人退治に追われるばかりで、元凶を突き止められず手をこまねいていること。
B地区の治安回復のメドは立っていない。見通しは絶望的――

かみやん「やりきれませんね・・・」
ゆずゆ「それでもここに居る意味って、なんなのかしら・・・」
RIKU「引越しちゃえばいいんだけどね~。みんなで引っ越す? G共和国とか、F連邦とか、H自治区とか」

エライザの顔が曇った。
エライザ「待って。いえ、勿論、あなた達にはその自由がある。でも希望を捨てないで欲しいの。ここに残って戦って欲しいの。そう望んでいる人間がいるのよ、政府の中にも」

pincomp「政府に義理立てする気は無い。馬鹿馬鹿しい」
エライザ「そんな・・・だって、さっきは」
pincomp「俺は撃たれた借りを返しに来ただけだ。なめたマネをした奴を後悔させてやる。あんたに頼まれて戻ったわけじゃない」

沈黙していた麦が、口を開いた。
麦「それでいいんじゃないか。俺達はどこにでも行ける。去るも自由、だが残るも自由だ。残りたい奴が残ったらいい。その意味は自分で見つけるものだろう」

11人はうなずいた。

らぶ達がエライザの歓迎会の準備を始めた。
活気付く皆から離れ、窓辺に立つpincompと麦。

麦「みんな楽しそうだな。花が増えるのはいいことだ」
pincomp「花ねぇ。俺の帰還は・・・忘れられてるな。ま、いいか」
麦はpincompに手を差し出した。真面目な顔で。

麦「そうだ、言い忘れてた。お帰り・・・いや、ありがとう」


【わたりとりのひとりごと】
7月28日。
TBを撃てないジオログで隠遁生活かと周囲を危ぶませていたpincomp氏が、IDに「sniper」を引っさげ、Y!ブログに戻った。業者投稿やスパムコメント/TBを糾弾する記事が多かった旧ブログから一転、ターゲットを厳密に絞り効果的にTBを撃ち放つ新スタイルを採っている。

以下は、私の個人的な感想。

pincomp氏のブログ強制削除騒動は、私のY!に対する視点を一変させてしまった。「サービスしてもらうユーザー」から「サービスを自分の意思で選択し利用するユーザー」へと。

私がY!ブログから動かない理由は、動かしにくいコンテンツを抱えているからという点がひとつ。そして、もうひとつある。

「商品(サービス)」は顧客にどう評価されるか、企業はその評価をどのように受け止め己の糧とすべきなのか、企業にはどのような努力と変革が必要なのか。
Y!にいると考えずにはいられないからだ。反面教師として。

ブログ削除を例にとって考えてみる。
企業がこの処分を「なんとなくやっちゃいました」ということはあり得ない。必ず、誰かが提起し、誰かが承認し、その周囲で複数の人間がその事態を黙認している。さらに多くの人間が、そのような「意思決定プロセス」に組み込まれ、おのおのの価値観で愉快がったり、残念に思ったりしている。
組織とはそういうものだ。まして大きな組織ならば。

Y!内部にも、顧客に価値を届け満足してもらいたいと願っている志の高い企業人が、必ずいるはずだ。少なくとも私はそう信じている。
彼らの力を集約し外へ向けて発揮すること、それこそが企業が行うべき努力と変革の要だというのに、彼らの願いが顧客に届かない元凶はどこにあるのか。
私はある程度の予測を立てている。内部の人間ではないから証明はできないが、「あのサービス」を受けていると、Y!が抱えている問題が透けて見えるのだ。
そういう意味では、Y!ブログは非常におもしろい「商品」だ。

pincomp氏の削除事件の後、麦氏が某所でこう発言されている。

>(pincomp氏のブログは)Yahoo! ブログの問題点を提示して,Yahoo! ブログのなかに,Yahoo! ブログについての討論を起こす役割を担っていたと思います。Yahoo! は少々辛口ではあるけれど,問題の本質を指摘してくれるアドバイザーを自らの手で抹殺してしまった,という印象です

pincomp氏は自らの意志で戻った。
私は自らの意志で留まっている。
「何のために」という問いに、私はこのブログを通して答えよう。

※出演者の皆様、要するに、皆様をダシにしてるっちゅーことです。
御不快ならお申し出ください。誠意対応させていただきます。
スポンサーサイト
12/09|episodeコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
なるほど~。そういう視点(反面教師、分析対象の商品要素)で、Y!に残る・・・。なるほど、なるほど。他では、こういう経験できませんからね。一種の文化を構築しつつあるなぁ。>Y!王国

私は「ダシにされる」ことを「大きな喜び」と思う人間ですから、ご遠慮なく、どうぞ。(^^♪(注:Mではありません。w)
From: Prowler7010 * 2005/12/11 08:35 * URL * [Edit] *  top↑
Prowler7010さん
ひぃぃぃ~

すみません、ここのところ放置してました。
やっぱし掛け持ちはキツイですわ~
どうしたもんか。ちょっと進退を考えないといけません^^;
From: わたりとり * 2005/12/30 02:53 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。