上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
クチダケ鳥によるシャイダンの猛特訓が始まった。
キィがかつてキューブを転がした、競技コート。その中央にシャイダンが連れ出された。顔には目隠し、手には縄跳び縄。

クチダケ鳥は観客席だ。メガホンにクチバシを突っ込んで叫ぶ。
「ほな、一千跳び、はじめ!」
空中でZetaがクルクル回る。
「力をつけさせたいなら、トレーニングジムにでも誘結印をつなぎましょうか」
「脳まで筋肉なアホ男になってしまうやんけ。あいつ、今のまま強うなったら意趣返しに外で暴れるで。しかも自分より弱そなヤツにアタるようになるわ」
十も跳ばないうちに、シャイダンは大きく傾く。棒が倒れるように転んだ。
見物中の御津流が首をかしげた。
「議論実戦に向けて鍛えるなら、型とか教えないの? 論法とか方法論とか
「数ぅ教えたって、どうせ素人は自分に合った一型しか使えん。最後でええわ」
転んでは起き、跳んでは転びを繰り返す。シャイダンのバランスの悪さは見るも無惨だ。とうとう拳で地面を叩き口汚く悪態をつき、シャイダンが目隠しを外そうとした、そのとき。
すかさずクチダケ鳥が怒鳴る。
「まだ取ったらアカン! 今あんさんがコケるんはソトのせいちゃうやろ! おどれんナカに目ぇ凝らせ!」

数日後。砦の上空で。
「クチダケに鍛えられた土男、か。内省族不文派ってところか。面白そうじゃなーい」
風型の海風がとぐろを巻いていた。
「僕が創るなら、核は風で・・・調和族明文派あたりにしよ
周囲の空気を吸い込み始めた。やがて竜巻に変じ。渦は膨れ上がり。雷光が閃き。
「いっくよー!」
竜巻が一瞬で霧散した。
一人の女が空に投げ出される。ダークスーツに黒のハイヒール、その手には皮の鞭。
身軽に宙で一回転し、クチダケ鳥たちが待つ競技コートに難なく降り立った。

「おわ、おっかなそな姐さん。・・・歳はシャイダンと釣り合いそやな。影のある男、好みけ?」
クチダケ鳥の調子こきに、黒ずくめの女は『kei』と名乗り、冷たく言った。
「影を感じさせない男のほうがいいわ」
keiの後ろで人型に変じた海風。クチダケ鳥の隣に立つシャイダンを細目で睨み、腕組みをする。
「喧嘩じゃなくプレイしたいんなら、ルールを決めないとね。とりあえずアレだ、『お前が言うな!』てのはナシにしとこう。言説の是非と当人の行動の是非は切り離す。基本原則ね」
「せやな」とうなずくクチダケ鳥。額に羽をあて、記憶を呼び出した。
説教族話法も避けよ。あと、お互い【話者1】と【話者2】論法は封印や。まともなプレイにならへん」
見物に来ていたケケの袖がひょいと挙がった。
「提案を。異論もフラットに考えその差異のありようを理解しようとする、そういうプレイを楽しみたいならば、合わせ鏡論法・・・『お前の主張を押しつけるな』『そっちこそ押しつけないことを押しつけるな』論法も禁じ手にしましょう。内省族の御二人が産んだキャラですからね。動けなくなってしまう」
御津流がシャイダンとkeiをかわるがわる見つめ、言った。
「ぶつかり合うのは意見じゃなくて価値観、ってことがあるよね。そこらへんが共有できるプレイだといいけど」
さらに、御津流はポンと手を叩きあわせる。
「あ、でもあれはやめようよ。『人の気持ちを考えたことがあるのか!』てやつ。これだけしか言わないのはずるい。考えることを避けてるだけ」
ケケの帽子がぶんぶん揺れる。激しく賛同しているらしい。

プレイルールが出揃ったところで、海風が砦の上に飛んだ。クチダケ鳥も上空へ。
「で、どこで対戦する? シャイダンとkeiがそれなりに動けて、土地勘もある場所っていうと・・・」
「シャイダンは不文派やけど、keiはんの特性からすると人情やマナーだけでは裁断できん領域がええな。といって、あんまキナ臭い土地もちょっとな・・・」
浮遊砦の前方に荒野が見えてきた。
不毛、とまでは見えないが、度重なる戦乱に荒れ果てたと見える大地。
戦の周期からはずれているのか、人影はない。
「ここ、どう?」
海風が指さす。
クチダケ鳥がニヤニヤ笑う。
「うわ、キナくっさ! ・・・ま、今は人気もなさそうやし、ええか」
二者は大地へと滑空する。浮遊砦も下降を始めた。

この世界随一の歴史的紛争地域。リンク論争地帯へと。




議論ルールというと、ディベートの手続きと作法などを思い浮かべるかたが多いでしょう。
 ◆参考リンク-議論のしかた(iwatam氏)

異文化交流議論でメンバーが持ち寄った「議論ルール」は、ディベートの決め事ではなく、他者との対話全般を成立させるために話者がこころしておくべき留意事項、といったものです。高度なディベートを難なくこなすツワモノにとっては、なにを今さらなことばかりかもしれません。
しかし「異文化交流」を上位テーマとするならば、こういった基本的なルール確認のほうが重要だと私は考えます。議論における真の異文化者とは、議論慣れしている異見保持者ではなく、議論に不慣れ/議論を望まない異質な他者(異なる価値観・行動原理を有している者)であるからです。

 ◆異文化交流議論リンク集-議論ルール

みつくる氏(キャラノベ名:御津流)は、議論のありかたを考察した記事を多く書かれました。といっても、それらは正しい議論の作法であるとか応酬のテクニックといったものを論説したものではありません。

お互いを尊重しあう方法
どうも、議論とは価値観を共有できるシステムなんじゃ?と思ったわけですよ。
僕の異文化交流議論の目的は 「お互いに尊重しあう方法について答えを出すこと」 なんじゃろうと思う。


残念ながら、彼の言葉を体現する議論にはそうそうお目に掛かれない、というのが私の実感です。おのおのの利害がまつわる議題であれば、なおさらに。
しかし議論とは本来、論者間で合意するあるいは異見の優劣を競う以前に、まず互いの「価値観を共有できるシステム」として機能すべきものである、と私も考えます。
スポンサーサイト
10/11|浮遊砦コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
※後段の解説文を変更
キャラノベとはいえ、メンバーの記事を利用させていただいている立場でありながら、自分ひとりの主張を押し出しすぎているのではないか。
・・・と考え、後段の解説文「異文化交流議論リンク集」以降を別文章に変更しました。

以下に、変更前の文章を転載しておきます。

ノベライズ文中に挙げた議論(対話)ルールは、コミュニケーションを有意義に進めてゆくためには不可欠のものばかりです。
しかし、こういった要素を欠いている話者とは対話不可能である、とは私は思いません。互いの間に共通のテーマを据えてスムーズに論題を掘り下げてゆくという意味では「議論」には向かない、そういった「議論」を欲するならばそのような話者を議論相手に選ばないほうがよい、というだけのことです。

他者との交流をもとに意見(あるいは異見)を交わしたいならば、「議論ルールの相互了解」をひとつの基準にして交流相手を選べばいい。誰彼かまわず議論ルールへのコミットを求める行為はむしろ暴力的であると私は考えます。
他者との交流を通して異文化(あるいは異文化者)を知りたいならば、「議論ルールの相互了解」を為すところからゆっくり始めればいい。手探りの、手間のかかる対話であったとしても。そこから得るものがもっとも大きい。
以上が私の対話観・議論観です。
From: わたりとり * 2007/10/15 00:14 * URL * [Edit] *  top↑
このみつくるって人はほんとに偉そうやなぁ。
おめーは何様だっての^^;
From: mingbaile * 2007/11/10 22:25 * URL * [Edit] *  top↑
いらっさい
みつくるはん、偉そうけ?
うちは大好きやで。めっさ謙虚なとこもあるし。偉そうも謙虚もどっちも、本人自覚薄かったらしいとこがまた可愛えわ。うちはほんま好きや。
From: クチダケ鳥 * 2007/11/11 04:43 * URL * [Edit] *  top↑
なんで偉そうに見えるんやろ??
クチダケ鳥さん暇があったら分析したって。こんななる前にだれか止めてあげな^^;いやほんと文章を書こうとがんばるとこうなる人なんやなーきっと。よくわからんけどがんばる方向が違うぞな。
From: mingbaile * 2007/11/12 23:06 * URL * [Edit] *  top↑
お返事遅れてごめんやし
なんで偉そうて・・・そんな、うちもわからへん。
好きなもんは分析でけん。味わうだけや。

あー、偉そう止める方法なら知っとるで。
自分よりモノ知ってて謙虚な人と会えばええわ。一発撃沈や。
From: クチダケ鳥 * 2007/11/17 02:44 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。