上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
2007年が明けた。浮遊砦の旅も小休止。
メンツはおのおのの家に戻り、年賀の客のもてなしにいそしむ。
智庵の庵でも、新年の宴が催された。

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」
智庵が一礼する。一同、祝いの酒盃を高く掲げた。「乾杯!」
節料理をつまみ、一杯目の杯を空けたころ、智庵が大きな巻紙を取り出した。
「書初めをいたしました。感想をうかがいたいのですが」
パラッとほどいた縦長の和紙には、達筆で十二訓、したためられている。
「原本は、昨年触発された、マキャベリの『君主論』。いかが」

リアリストの智庵らしい、身が切れそうに鋭利なブロガー訓

1 突然ブロガーになった者が最初にやらなければならないのは、テーマを決めることである。
2 新しくブロガーになった者は、荒らしから身を守る方法を考えておかなければならない。
3 ブロガーは、できるだけたくさんのファンや常連を獲得しなければならない。
4 新人ブロガーは目標とする超人気ブロガーを持たなければならない。その目標は高ければ高いほどよい。
5 ブロガーがよりよい記事を書こうとすることを怠ればファンに見放される。
6 ブログが方針を変えざるを得なくなった時は一夜にして変わるべきだ。
7 はてなブックマークされたいと考えるなら権謀術数を習得せよ。
8 ファンの中に立派な助言者がいるからアルファブロガーと呼ばれる。
9 新しいコメント者が危険かどうかを把握するため、ブロガーはしっかりと目を見開いていなければならない。
10 コメント欄の意見には耳を傾けるべきであるが、複数の意見を聞いていると結局考えがまとまらなくなる。よい意見はブロガーの思慮から生まれる。
11 ブロガーがファンの支持を得るのは簡単だが、その支持を保ち続けるのは難しい。
12 同じタイプのファンばかりだと、ブログのパワーが落ちていく。


一同から歓声が上がった。「おぉ~!」
クチダケ鳥がケラケラ笑う。
「第六訓がええわ。うちも変わるときは一夜で豹変したろ」
海風も手を叩いて喜んでいる。
「もとネタ知らなくても面白いよ。この書きかた、他にも使えそう」
「他・・・耶呆島限定ならこんなふうでしょうか。『新しく耶呆島ブロガーとなった者は取り潰しから身を守る方法を考えておかなければならない』」
御屠蘇で頬を紅くした児兎は、笑いながら嘆く。
「シビアだ!悲しき耶呆ブロガー。。。」
智庵には冗談で済まないらしい。声は沈んでいた。
「また、あったようです。怖いです。朝起きたら自分の庵がない、なんてことになったら

耶呆島の為政者は、なんの予告もなく住人の家を取り潰すことがある。
耶呆島政府を批判した者。きわどい書を公にした者。隣人との小競り合いが絶えなかった者。
・・・とはいえ御家取り潰しの真の理由は、わからない。いっさい説明がないからだ。
智庵の右隣のマッチョムキムキ男が、一句ひねった。智庵の友人で、川辺という。
「『真の耶呆ブロガーは悪態をついてはならない』なんてね」

「巨大F連邦、海上S都市、E牧歌国・・・移転先を考えてもみたけれど、どこも怖そうです」
新しい土地・新しい人間関というものに馴染みにくい性質の人がいる。智庵は殊にそうだった。
「なんだかんだいって、やっぱりこの島が一番なのです。こうして客人との会話も弾みますし。不思議なこと」
海風が「そういえば」と口を開く。だいぶ酔いが回っている。
「H自治区から来た旅人が言ってた。ここの住人が会話好きなのって、島の創り・・・つまりシステムによるのかもって。システムが住人の性向を決める、という仮説は成立するのかな」
F共和国の住人、御津流がチン!とカップを弾き鳴らす。
「成立するに一票!」
児兎が首をかしげた。
「わたし、L合衆国にもS都市にもいたけれど、自分の趣味とか日常とかしか興味がない人はどこの国に住んでるかなんて気にしていなかったわ・・・」
「んじゃ、この仮説はどう?」
海風がカップに茶を注ぎ、ソーサーを逆さにしカップに蓋をしてしまった。
「囲い込み性の高いシステムの場合、独特の文化(空気)が発生する。たとえばS都市なんかは基本設計がM-Type、つまりグローバル設計だね。対して、この島やH自治区なんかは、住人同士の交流を促進するシステムが基盤に組み込まれてるから、特定の空気が形成され易い」
御津流は笑っている。
「交流か・・・家にお客さんが来れば住み続けたくなる。為政者が納税者を確保するって狙いだよ、きっと」
そのとき、智庵の左隣から、控えめな女性の声がコショコショと漏れた。
「F連邦に家を建てたら、通りすがりの方から声をかけられてビビりました・・・」
智庵の旧い友人、ファラだ。耶呆島住人だが、E牧歌国にも家を持っている。
「E牧歌国は自分のペースでやれそうな気が・・・なぜかって具体的なポイントはないけど」
交流の緊密さを肌良く感じるかどうかは人による、ということだろうか。

もう夕暮れ時。けれど宴はまだまだ、これからだ。
テーブルから料理と酒が消え、かわりに、とりどりの茶を入れたポット、砂糖とミルクが並んだ。
児兎が手作りのクッキーを配りながら、なんとなしに言った。
「他の国の評価や交流の特徴、聞いてみたいです」
「面白そうですね。では私から話しましょうか」
智庵がうなずいた。智庵はアメーバ公国に、別宅を持っている。
と、庵の戸口から呼び鈴が鳴った。来客らしい。
「あら、また賑やかになりそうですね」
迎えに立った智庵が扉を開ける。

不思議な客人がたたずんでいた。いや、人ではなく・・・
ふさふさの尾と、茶目っ気あふれる瞳と、尖った隠し爪を持つ、獣。
「あや? 狐はん!」
クチダケ鳥が、パカっとクチを開ける。
善意之天災がらみで知り合った、異国出の友人だった。

狐は礼節正しく挨拶を述べる。
「初めまして。あちこちの国を彷徨う流浪民です。歌檀と申します」
それから尾をくるりと立て、にっこり笑った。
「異国語りと聞きつけて、飛び入りに参りました ミ^。^彡」




表現したいものが複数に分岐したときブログを複数運営することで、ブログごとの特徴を際立たせることができます。書き手がブログごとに「表出させるキャラ」を切り替えるという面白さも出せるでしょう。
しかし「サービス提供者が信用ならないからミラーブログを他所に持つ」とは、ちょっとYahoo!外サービス利用者には無い発想かもしれません。

そこまでするならメインごと他サービスへ移ればいいのに・・・とわかっていながら移行しがたいのは、なぜか。
「交流」とは、「人」の特性と相性だけで決まるものではなく、「場」という存在が大きく影響するものだからであろうと考えます。「場」を違えたとき、交流のカタチと量にも変化が訪れる。自分にとって良好な交流を築いてきた場を捨てることは、なかなか思い切りの要ることです。

ノベライズ文の最後、「他の国(ブログサービス)の評価や交流の特徴」については、以下のレポートが出ています。ブログサービスの多さから見れば網羅性には乏しいが、おもしろい試みでした。

 ◆アメブロレポート(chargeup氏)
 ◆MSNレポート(みつくる氏)
 ◆エキブロレポート(そら氏)
 ◆FC2レポート(わたりとり)
   →◆FC2ブログって(sugarさん)※上レポートの誤謬訂正・フォロー記事
 ◆Yahoo!Daysレポート(リヴァ氏)
 ◆AutoPageレポート(阿檀氏)
 ◆ヤフブロレポート(chargeup氏)

chargeup氏は「相手の文化を理解していないと自分の文化を相手にわかるように説明できない」と述べています。
「何か」を評価するには、「何か」と比較できる「別の何か」が必ず要る。「何か」を評価するということは即ち「別の何か」との差異のありさまを述べること。さらに、「差異」を的確に表現しえない説明は、聞き手にとって「価値の置きどころ」がなく、わかり難いものになってしまうということなのでしょう。
(※相手が自分の内に「知りたい情報の種類とその活用目的」を明確に持っている場合は、比較対照なしの説明が可能)

ここにも「自己認識・他者認識」のテーマが巡っています。
スポンサーサイト
09/15|浮遊砦コメント(10)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
業務連絡です
chargeupさんへ。
記事の順序を入れ替えるため、9/15の日付で投稿しました。タイトルの通し番号も入れ替え。
文中の「マキャベリ風ブロガー論」、まんま転載しましたが(おもろいんだもん)、転載しないほうが良かったらすぐ削除しますのでお申し付けください・・・すみませんです。

そらさん・りヴぁさん・阿檀さんへ。
「浮遊砦-00」の表札更新はもうちっと待ってね~。
今日はもう寝まふ(-人-)
From: わたりとり * 2007/09/24 01:29 * URL * [Edit] *  top↑
ブラボー!
これ最高です!爆笑しますた!
みなさんの語り口やたたずまいが目に浮かび、ウンウンとうなづいてしまいます。最後に「歌檀」さんが登場して、「異国語りと聞きつけて、飛び入りに参りました ミ^。^彡」 で終わるところがいい!!
あー、おもしろかった♪
From: トンコ * 2007/09/24 17:00 * URL * [Edit] *  top↑
>トンコさん
おぉ、気に入っていただけましたか。
この記事の元ネタは、中間報告レポートから外れてるんですが・・・こういう和やかな回をどうしても入れたくなって、一話過去に戻ってしまいました。

あと、阿檀さんをどうでも出したかったのでした(笑)
From: わたりとり * 2007/09/24 21:14 * URL * [Edit] *  top↑
業務連絡承りました。
ファラかわいい。ちょっちぷんさんやカッタウェイさんがどんなキャラで登場するか楽しみです。

トンコさんのコメントにもありますが、コメント欄の実際のやり取りが元になっているから、リアリティある会話になっていますね。

見渡すとみんなサブブログ持っていますね。私は惰性で写し続けていますが、Yahooである限り、通告なし削除の危険はありますから安心料です。

それでも完全に引っ越せないのは、どこかの記事で書きましたが、Yahooブログでない場で書き続けた自分を想像できないからでしょうか。これ以上の出会いも想像できません。神の贈り物です。
From: chargeup * 2007/09/25 22:09 * URL * [Edit] *  top↑
>chargeupさん
ファラ、かわいいでしょう。まんまコメント引き写してるだけなのですが。そのままでかわいい。

私も、Yahoo!でなかったら創作だけだったと思う。こういう議論も、昔の宗派に回帰する記事も生まれなかったろうと思います。FC2のようなサービスでこういった縁が生まれることは無かったろう、と。不思議です。

蛇足ですが、一投目のコメントの「お申し付けください」って妙な敬語ですな・・・「仰ってください」でした。失礼しました。
From: わたりとり * 2007/09/26 00:01 * URL * [Edit] *  top↑
こんばんは
[壁]゚。゚彡。oO(あら。ちょっと読みにこないでいる間に……)
……モデルのほうには、あまり礼節はないのは極秘です。
From: 麻生(阿檀) * 2007/09/27 02:46 * URL * [Edit] *  top↑
>狐はん
>極秘
狐が化けてんのに極秘も黙秘もあるかや。公然の秘密じゃ。

v-532←おしおき鶏
From: クチダケ鳥 * 2007/09/27 15:00 * URL * [Edit] *  top↑
おしおきされました彡´。`ミ
つけくわえで、すみません、おねだりが。
sugar potのあるじ殿は、sugarさんと呼んでさしあげてください^^ みんなそう呼んでるので。
From: 麻生(阿檀) * 2007/09/28 02:48 * URL * [Edit] *  top↑
その鶏は
「ごめんやし、コイツすきなだけシバいたって」
って意味や。もちろん。
狐はん、猫かぶったらアカンで。
From: クチダケ鳥 * 2007/09/28 09:13 * URL * [Edit] *  top↑
sugarさん
訂正しましたぞ。

ノベライズ文中で、ポットとお砂糖になんかセリフふろうかしらんと思ったのですが、言葉が浮かばなかったのでござる。
まあ、こっそり客演ということで(笑)
From: わたりとり * 2007/09/28 09:16 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。