上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
風が乱れた。一陣のつむじ風。砦のはるか上空へ駆け昇る。

「海風殿か? どうしたのだろう」
キィが風の行方を見上げる。
物見櫓の突端から、クチダケ鳥が無言で飛び立った。
「いったいなにがあったの? 僕、様子を見てくる」
御津流が跳ね橋門に向かう。智庵は黙ってその背を見送った。

 * * *

長い長い経緯(いきさつ)がある。
  善意之天災。
  議論は過熱し。
  嘲笑が渦巻き。
  言葉狩る者達の過ちが。
  かけがえのない言葉たちを、この世界から抹消した。
人と人との交流のかたちの、最も望ましくないありようが、赤裸々に繰り広げられた。

海風が創作した一遍の戯曲。
長い長い経緯には一言も触れていない。しかし、見続けていたからこそ生まれた。
その曲は「かけがえのない言葉たち」を留保無く抹消した耶呆島政府と「天災システム」とを、ケラケラに腐し倒していた。それらこそが最悪の結末をもたらした元凶であったから。
冗談の体を借りていたが、その芯は、憤りだった

よりによって、その曲が、パクられた。
よりによって、一連の経緯の中心に居た人物の手で。
よりによって、耶呆島政府と天災システムを礼賛する偽曲へと姿を変えて。
よりによって、天災システムに負け戦を吹っかけ続けてきた、クチダケ鳥の目の前で。

海風は馴染みの古巣からも浮遊砦からも離れた。怒りを制御するため、いずこかへと飛んだ。
クチダケ鳥も姿をくらました。耶呆島の偏屈岩窟の扉には、一枚の書が貼り出された。

浮遊砦の六人には、共通の気質がある。
自分にとって気に喰わないなにごとかが起こったとしても、それだけの理由で他者を批判することを良しとしない。ただ批判したいがために、ましてただ相手を傷つけたいがために、他者を指弾するような文章は打たない。
他者のためではなく、自分のための矜持。

 * * *

十日が過ぎた。人気少ない浮遊砦。
跳ね橋門の前を、智庵が手持ち無沙汰げに、袖に手を入れぷらぷら歩いていた。

と、はるか上空で、誰かが叫んだ。
「うちのことかー!」
驚き、空を仰ぐ智庵。その目前に。
何かがボトッと落ちてきた。絞ったまま干乾びた雑巾のような・・・
「??」
地面に半分埋まり潰れているのは・・・
「ほんとに、ろくでもないねぇ~・・・」
「クチダケさん?」
さらに、デカイ男が空からドスーンと落ちてきた。
「ぼ、僕にも刺さった・・・」
「海風さん??」
さらに、海風の隣から別の声がした。
「私も『160km/hの剛速球』が脳天に命中しました・・・」
「その声は、ケケ殿!?・・・いらっしゃるなら服を着てくださいな。驚きますから」
どこからか取り出した服をケケがモソモソ着終わる頃、クチダケ鳥と海風もフラフラ立ち上がった。
御津流が駆け寄ってきた。
「あ、帰ってきた! どうしちゃったのさ、いったい」
そのとき、誘結印から乙女が姿を現した。児兎だ。
ヘロヘロに立ちよどんでいるクチダケ鳥、海風、ケケの姿を見て、あんぐり口を開けた。
「ありゃりゃ。思わぬ余波があらぬ方向に広がってる。。。」

わたしの嫌いな文章
内省・自己観察の形をとりながら、他者に反省を促すことを企図している文章。
自分が内省的であり、謙虚であり、寛容であり、なおかつ未熟で不十分であるというセルフイメージを、他者も承認すべきであるとそれとなく強要する傲慢な文章。


児兎のこの呟きが、「内省族であること」に自呪縛されていた三人を直撃したのだった。

「・・・お、嬢さん。いらっさい」
いまだヨレヨレのクチダケ鳥が、ニンマリ笑う。
「そっちに内緒で自首したの、二人おるってか? 誰と誰やろ。けっけっけ」
「一人はおいらだよん」
海風があっさり口を割った。
パクリ騒動いらい、脳内キャラを9名も創設して己の感情制御に四苦八苦しているところへ、ブッスリ効いたらしい。
「ゲッ。海風はん、自己申告かや。しゃあない、ゲロったろ。もう一人はうちや」
「みなさん、ごめんなさい」
すまなさそうにする児兎の横で、智庵が顔を曇らせた。
「それはそうと、気になることが。あれいらい、砦がまったく動いていません」
えっ、とみなが顔を見合わせる。
キィが「そういえば」と櫓の向こうを指さした。
「この砦、裏手に碇がありましたね。もしや」

案の定。
裏庭の底なし井戸に、銀色の碇が投げ込まれていた。
井戸の横に据え付けられた大きなドラム。巻き取られていたはずの鎖が、すべて解けている。
伸びきった鎖を、男性陣そろって引き上げようとした。が、ひと鎖も動かない。
「厄介ですね。誰だろう、こんなことをしたのは」
空中で見物していたZetaが言った。しかし誰も身に覚えがない。
海風がむーんと腕組みする。
「魔法の碇だからな。前に言ったよね。僕たちが留まるべき場所では、勝手に利くのかもね。留まる理由が解消するまでは」
クチダケ鳥は難し顔だ。
「内省族のジレンマ、ってところやな・・・」
智庵はますます顔を曇らせた。
「このまま、旅がうやむやに止まってしまわないでしょうか」





2007年1月、海風氏の記事をとあるブロガーが改変・発信したことに端を発する騒動。
自己の内面処理をはかるべく、海風氏は「はてなダイアリー」に場を移して文章を綴りました。この記事群は、異文化交流議論の記録から外されています。
しかしこの騒動は、議論メンバー(殊に、海風氏&わたりとり)にとって、思わぬ負荷をかけることととなりました。

異文化交流議論メンバーは、基本スタンスとして「他者を批判すること」そのものを良しとしないブロガーです。内省的な文章をひとつひとつ丁寧に書くことに、より高い価値を見出していた。そういうメンタリティに喰い込んできたこの騒動は、メンバーにとって非常に悩ましかった。

その後の経緯を詳細に書くことは控えます。過去の揉め事を蒸し返すためだけにノベライズする趣味は、私にはありません。
ここでは、「何かを批判するために書く」ということ、その難しさ、批判側に求められる要件とはなにか、批判すべきとき批判を回避することは果たして妥当なのか――といった問題提起が、異文化交流議論のなかでなされた、という事実をノベライズしています。

なお、ノベライズ文中の「海風氏の戯曲の解説」および「よりによって~(四行)」は、私(わたりとり)個人が当時感じた怒りのカタチであり、自文章を改変された海風氏・他メンバーの意識を代弁したものではありません。

また、議論メンバーは今でも内省傾向の強いブロガーであると私は思っていますが、「他者を名指しして批判する行為」をどう捉えるかについては、おのおのが自分なりに新たに考え、その態度を遷(うつ)しつつあります。

スポンサーサイト
09/16|浮遊砦コメント(9)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
え、私服着てないのがデフォですか?
えーーー、私はヌーディストでもアレゲでもないので、せめて服だけはデフォで着せてやってくださいまし(爆)。

それじゃ「透明人間」にした意味がないって?
From: o_keke_nigel * 2007/09/18 07:17 * URL * [Edit] *  top↑
>ケケはん
うちかて、服着てないのがデフォや。

服着てるのがデフォの透明人間て・・・サランラップで簀巻きにされてるのがデフォの鳥みたいやん。鑑賞には都合ええけど、本人の本性矯め殺し、みたいな。

あ、なんならデフォでサランラップ着せよか?輪郭くらいは可視化するな。
From: クチダケ鳥 * 2007/09/19 00:38 * URL * [Edit] *  top↑
わしもパンツは着せといて(笑)
From: 川辺 * 2007/09/27 18:40 * URL * [Edit] *  top↑
>川辺はん
ほな、デフォは海パンいっちょな。
寒うなってきたら毛糸のパンツに衣替えや。
From: クチダケ鳥 * 2007/09/27 19:48 * URL * [Edit] *  top↑
あ。ちょ,待って。

褌にしましょ。男子はALL。
From: 川辺 * 2007/09/27 19:52 * URL * [Edit] *  top↑
てことは、海風はんは
いったんもめん け? 風型のとき。

透明人間に妖狐にいったんもめん・・・どんな巣窟やねん。
From: クチダケ鳥 * 2007/09/27 22:08 * URL * [Edit] *  top↑
みんな服着て下さい。
From: chargeup * 2007/09/27 22:20 * URL * [Edit] *  top↑
見たくないなら
目隠し貸そか?
From: クチダケ鳥 * 2007/09/27 23:27 * URL * [Edit] *  top↑
隠れキャラが
From: クチダケ鳥 * 2007/10/08 00:40 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。