上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
耶呆島の北端、寒風すさぶ断崖絶壁に、偏屈岩窟と呼ばれる洞穴があった。
渡りを止めた老いぼれ鳥が一羽、なにするともなく住んでいた。
名をクチダケ鳥という。ある日を境にさっぱり鳴かず飛ばずの鳥である。
このまま隠遁かそのうち鎮魂かと危ぶまれていた、そんなある日のこと。

「あら、なにこれ」
珍しく都へ上っていたクチダケ鳥が三日ぶりに帰ると、岩窟の扉に一行文が留めつけられていた。
『来られたし。海風も吹く by智庵居士』
留守中に来訪されたらしい。文の末には誘結印が書き付けられている。
「来いとは珍しな。わけありやろか」
誘結印に羽をかざし、クチダケ鳥は印の向こうへ飛んだ。

見慣れた庵の一室。誘結印から飛び出したクチダケ鳥はそのまま大男の背にぶつかった。
「あいた! 出口ふさがんといてぇな、もー」
人型に化けた海風が振り返った。最近メタボを警戒しているだけあって化けっぷりもデカい。
「あ、クチダケがやっと来た。おっそーい。僕たちだけで始めちゃったよ」
「始めるて、なにを?」
海風の向こうから智庵がにっこり顔を出した。二本指を立て、Vサインを見せる。
「第二弾です」
海風と智庵が挟み座っている机の上に、別の誘結印が置いてあった。
印の向こうに垣間見える空間は、誰かの留守宅らしい。どこかで見たような。
忘れられないひとつのフレーズが、時空を貫きこちらの空間に届いている。

隣にいる異文化人と,どう関わっていくか。



智庵が自筆の書をさらさらと広げた。達筆である。
「まずは素案を書いてみました。いかが」
ふんふんと読み、クチダケ鳥はうなずく。
「異文化接触・・・三つの反応、三つの段階・・・ええね」
海風がふところから自分の誘結印を取り出し、かざす。
「では、僕の番。いっくよー」
印から溢れた渦が、三者を海風の家へ送り込んだ。

飛び込んだ先で、わっと紙片が舞い上がった。
「ごめんごめん、まだ頭ん中が散らかってて。ちょっと待ってて」
海風はわっさわっさとメモ紙を掻き分け、めぼしい紙の束を掴みあてると、壁に一枚づつピンで留め説明し始めた
「智庵の案はマトリクスで整理できるわけ。で、縦軸と横軸の関わりあいを現段階では僕はこう見てて・・・で・・・名付けとか説教族とか・・・で、これって、数式化できるんじゃないかと。現時点ではここまで考えてる。・・・でさ、」
そこまで言って、海風はぐるっとクチダケ鳥を振り返った。
「クチダケ、またこのネタで話したいと思ってなぁい?」
「なんで? うち、なーんも言うとらんよ」
クチダケ鳥は笑っている。
一年前に書き上げた、「隣にいる異文化人と,どう関わっていくか。」に端を発した一ヶ月に及ぶロングラン論考レポートを、留守中の岩窟入り口にこれ見よがしに吊り下げておいたくせに。
「・・・せやけど、おもしろそうやな。腹案はあるで」
「僕もアイデアがある」
海風に続き、智庵もうなずく。
「続きに期待します」

三者は部屋を出た。海風の家は岬の突端にある。風に髪をなびかせ智庵が問う。
「今後は?」
クチダケ鳥が答えた。
「お互い、好きに書こ。船頭も煽動もなしや。一年前かてそうやった。ただまあ、そうやな・・・気兼ねなくたむろできる場所があったら、便利やけどな。誰かひとりの家に居つくわけにもいかんし」
海風が手をポン!と叩き合せた。
「ちょうどいい。近くに無人の浮遊砦があるから、それ、使っちゃおう。異文化地帯に進む気なら、要塞ごと動いたほうが気が利いてる」
智庵もクチダケ鳥も諸手(諸羽)を挙げて賛成した。

どんな砦かは、行ってのお楽しみ。





2005年12月、トラックバック使用方法に対するブロガーの指向の違い、というトピックに端を発した「ブログ文化論」議論がYahoo!ブロガー4人で交わされました。
(※論争したわけではなく互いの記事に触発されながら好きに記事を書いていただけだが、18記事全体でひとつの系を成しています。トラックバック論はきっかけに過ぎず、議論全体はブログをネタにした「異文化理解」考察となっています)
 ◆第1次ブログ文化論争リンク集(はてなブックマーク)

この議論は記事「1day,1page-フィードバックレポート」を結びとし1ヶ月で収束しましたが、ひょんなきっかけで2006年12月に再燃することとなりました。
異文化を生きる者にとって、このテーマは不朽のようです。議論開始から半年経った2007年7月現在、まだ終着駅は見えていません。


スポンサーサイト
06/24|浮遊砦コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
あ、なんか物語が始まりそう。
浮遊砦っていいですねぇ。
すずしげです。
文章全体的にすずしげです。

ちょっと関係ないですが、
Capital Forestを読み終わりましたよー。
読み終わったら感想を書こうと思っていたのですが書けないままずるずると。
いろいろあってまとまらない。
ぐう。
From: みつくる * 2007/06/25 23:14 * URL * [Edit] *  top↑
吹いたぞ
どうしてくれる?w
すごいなー。(約)160記事も書いたんだ。俺たち。とりあえずメタブクマしたぜぃ。
うーん、僕はまたいつか記事を書けるのだろうか。リアルでヘヴィな状況が続いているのでせいぜい3原則周りでしかまだ物がかけないよ。(あ、談話室の返信は記事でやる予定なので。よろしこ。)
From: うみかぜ * 2007/06/25 23:24 * URL * [Edit] *  top↑
>みつくるさん
おー、カピタル読了されましたか。(まずこっちに喰い付く)まことにありがとうございます。
感想はいつでも。読んでいただけただけで嬉しいです。お気にならさず~(笑)

浮遊砦、見切りスタートしちゃったんですが、じつは何も考えてない。どうしよう。
とりあえず、砦に何を装備するか考え中です(今からか!)

・作戦会議室(やっぱ基本)
・物見塔(絵になるから。てっぺんに旗を付ける)
・厨房(誰が仕切るのか・・・)
・格技場(シャイダンとkeiの巻で使えるか?)
・跳ね橋門(これも絵になるねぇ)
小道具もおきたいところ。もうちょっと膨らませたいな・・・
From: わたりとり * 2007/06/27 01:33 * URL * [Edit] *  top↑
>海風はん
半年かけて160記事、そんでもまだ終わってないてほんま、どーかしてるわ。きばらはるってゆーかしつこいっちゅーかなんちゅーか。怒涛の源泉やな。

海風はん、リアル優先でふつうや。ええやん。じぶんのからだ大事にしてぇな。
3原則の件、アイデア書いてみただけやし、いつでもええよ。おおきに。けけけ。
From: クチダケ鳥 * 2007/06/27 01:40 * URL * [Edit] *  top↑
[岩影]ミ^。^彡ooO(なんか見っけ)
e-276←あしあと
From: 麻生/阿檀 * 2007/06/28 22:56 * URL * [Edit] *  top↑
>狐はん
v-532←みがわり
From: クチダケ鳥 * 2007/06/29 00:41 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。