上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Y!B転載機能に内在する危険性・問題点は数多い。そして、危険性にはレベル(危険度)がある。

私は、大量転載(無限転載)の害悪に力点を置いて連載してきた。誤情報・他人の権利を侵害する情報が拡散すれば、回復不能の被害をリアルの世界に撒き散らしかねないからだ。

そういった重篤な危険性に比べれば、転載によって記事作成者の著作権(複製権)が侵害されるの、気に喰わない相手に転載されて傷ついたのどうのという話は、たいした問題ではない。言っちゃ悪いが、記事作成者ひとりの心情の問題だ。

ということで、これまで転載許可者と転載者、二者間の紛争にまつわる問題は取り上げてこなかったのだが、連載も終盤なので、私の考えを書いておきます。


私自身が転載機能を使っていないこともあって、私のスタンスは、転載者より記事作成者に厳しい。
自分の記事を守りたい、他人に持っていかれたくないならば、最初から転載不可にしておくべきだ。自分の意志で「この記事を複製してもいいですよ」と転載ボタンを表示させたならば、誰にどういう目的で転載されるかわからないこと、記事の拡散を止めるのは困難であること、自分の記事が大量に出回れば思わぬ波紋が起きるかもしれないこと、を覚悟しなければならない。この覚悟ができないなら、転載不可にするべきだ。

また、Y!B 天災機能(11) でFD氏とトンコ氏の見解を紹介したとおり、転載ボタンを表示させるということは、法的には「私に断わりなくコピーしていいですよ(黙示の許諾)」と解釈される可能性がある(※確定ではないが、その確率は高いだろうと私は考える)。法律に詳しくなくとも、「転載ボタン=自由に転載していい」と受け止めるユーザーは少なくないと私は思う。転載者との間で揉めたとき、Y!Bが転載機能の正しい使い方を解説していない以上、互いの主張が水掛け論になることは明白だ。そんな面倒に巻き込まれたくないならば、最初から転載不可にしておくべきだ。

さて。
こう書くと、「転載ボタンを表示してるってことは、誰にどう転載されてもいいってことだろ、その覚悟があるってことだろ、法律上もそうなってるんだろ、どの記事をどう転載したって文句を言われる筋合いはないね」と言って他人の記事を好き放題転載しまくる人が出ないともかぎらないので、私は声を大にして言う。

【記事作成者】のこころがまえを述べた原則論を、【転載者】の自己弁護の道具にしないでいただきたい。

記事作成者に必要なこころがまえがあるように、転載者にだって必要なこころがまえがあると私は考える。

Y!Bには、そもそもデフォルトが「転載可」であることすら知らない、転載ボタンの存在を気に留めていないユーザーが多い。転載ボタンの役割は知っていても、そこに潜む危険性までは知らないというユーザーはさらに多い。というより、転載機能の問題点を熟知しているユーザーのほうが稀だ。
また、転載機能の問題点を知っているユーザーであっても、知らなかったころ書いた過去記事が転載可のまま残っていることもある。
記事の下に転載ボタンが出ていても、「転載していいですよ」という意思表示とはかぎらない。本人の意思と食い違う意思表示は、法律上も無効とされることがある(※必ず無効となるわけではない。紛争の道具にされるのは不本意なので法文の照会は控える)。
転載条件を示していない記事については、転載してよいかどうか、記事作成者に確認することが原則だと私は思う。

次に、記事中で転載の条件が示されている場合。当然ながら、転載者は条件を守らなければならない。記事作成者の意思は転載ボタンではなく「条件文」のほうに託されている。転載ボタンはただの【コピーボタン】に過ぎない。著作者が、自分の意思で、転載ボタンをそう位置づけたということだ。
ひとつ転載者寄りの意見を言えば、記事作成者は「転載の条件」をわかりやすく示すよう配慮すべきだが。転載者が見落としたり誤解したりしないよう、条件文はわかりやすい文章で、わかりやすい場所に配置する。この努力を怠った記事が、条件から外れた転載をされることは、私はしかたがないと思う。不可抗力だ。


私のべきべき論は、四角四面のお説教に見えるだろうか。融通のきかない理想論に見えるだろうか。
(まあ、そうだろう)
ただ、こう思う。法律を知らなくとも、こんな堅苦しい言葉を使わなくとも、大多数の転載者は転載機能を問題なく使っている。私が述べたことを軽々と安々と実行している。記事作成者への敬意と配慮、一言の挨拶、そういった「心づかい」をもって、円滑にコミュニケーションしている。私が述べたことは難しいことではない、当たり前のことなのだ。

そしてまた、繰り返される「嫌がらせ目的の転載」を見て、こう思う。
転載者もまたブロガーなのだ。転載記事であろうとも、自分のブログで「新しい記事」を発信することに変わりはない。記事作成者に文責と発信責任が問われることと等しく、転載者には「その記事をなんの目的で転載したのか、転載によって発生する影響をどう考えたのか、転載によって生じた被害があればどう責任を取るのか」が問われる。
転載した記事がなんらかの負の現象を引き起こしたり、まして誰かを傷つけたということがわかったなら、速やかに誠実に対処するべきだ。「転載ボタンがあったから転載しただけ」などという言い訳はあまりに幼稚だ。まして、転載機能の問題点を考察した記事群から都合の良い解釈を切り取って自己弁護の道具に使うなど、見苦しいこと甚だしい。

自分の意思で、転載したのだろう。自分の意思で、記事作成者の想いを無視し続けているのだろう。
ならばその理由を、自分の思いと考えを、自分の言葉で書くがいい。もし「自分の転載は正当な行為だ、嫌がらせ目的ではない」というなら、なおさらだ。ブロガーなら、それっくらいは、マジやるべきなんじゃねーの?



あー、べきべきべきべき言ってたら肩が凝っちまったい(-_-;

スポンサーサイト
01/27|Y!B 転載機能コメント(4)トラックバック(2)TOP↑
この記事にコメント
肩こりには
温泉ですね~。露天風呂がいいです。

Y!bはベータ版です。を念頭においても,こうしたベキ論は必要だと思いました。
From: リヴァ * 2007/01/27 18:47 * URL * [Edit] *  top↑
ベキベキをほぐすには
露天風呂、サイコ~(・∀・)

こういう話題は、意識して避けてたんですけどね~。
このブログの文体(仕事モード)はおっかなすぎるので、クリリンなかたがたにはアタリがキツいだろうと(大家が相手なら遠慮は要らんのですが)。
まあ、たまには、いいかと。ベキベキ。
From: わたりとり * 2007/01/27 22:48 * URL * [Edit] *  top↑
嫌がらせ目的の転載?
「嫌がらせ目的の転載」で問題にされなければならないのは、「嫌がらせ目的」の方であって、「転載」ではないと思う。
たとえそれがリンクであったりコメントであったとしても、「嫌がらせ目的」は批判されて当然であると思う。

「転載」自体は、単なるコピペであるから、そこには元記事の内容以上のものはない。
善悪は、そこに付けられたコメントや、その他の関連記事によって判断されるものだと思うので、「転載」自体を批判しても、問題の解決には繋がらないと思う。
From: 児島の仙人 * 2007/01/29 12:23 * URL * [Edit] *  top↑
はい。【問題にされなければならないのは「嫌がらせ目的」の方】です
>児島の仙人さん

私自身は、転載機能の功罪を知ったうえで転載ボタンを表示させ、かつ転載の条件を明示していない記事は、無断で転載されても、辛辣な批判を目的として転載されても、仕方がないと思っています。
(※煩雑でわかりにくすぎる条件の場合も、「明示」とは言えないと考えます)

問題は、目的が「批判」ではなく「嫌がらせ」の場合ですね。
批判は言論活動・表現活動の一形態だが、嫌がらせは違います。単に相手を傷つけてやろうという行為にすぎない。仙人さんの仰るとおり、「嫌がらせ行為」はどのような手法で行われようが、批判されて当然です。

で、嫌がらせの手法として「転載」が使われることについて、ですが。
人を傷つける目的で、傷つけたい相手の「作品」を人質にする。私に言わせれば、誰かを傷つけるためにその人の子どもを誘拐するようなもんですねぇ。卑劣だ、と感じます。仮にその子が、「どこでも行ってこーい」と放任主義のおっぱっぱで育てられていたとしても、親に悪意を持っている人間に連れ出されたら、親は激怒するでしょう。そして、心を痛めるでしょうねぇ。
ヘンな喩えですかね。私が自分の記事を子どもみたいに感じるからでしょうか。許せないのです。まあ、これは私のこだわりなので・・・感情的なものです。はい。
From: わたりとり * 2007/01/29 15:11 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
「無断転載」について~回顧(2)
阿檀さんの[http://aso2.exblog.jp/4957535/ グレイを求めて、白い石を置く ~ トンコ氏への私信]へのお返事をしながら、ヤフーブログを回顧しブログに関する考え方を整理する、できればわたしが参考にしてきた麦さんの[http://blogs.yahoo.co.jp/mugi373/ ブログの種]を多
2007/01/27(Sat) 09:42:28 |  一歩後退、二歩前進
Yahoo! ブログの転載問題:私の嫌いな転載
転載元や、転載記事を読んだ者が「陥れることを目的として転載された」という印象を受けてしまわないように配慮することが、最低限「転載(元)記事に敬意を払い、大切に扱う」ことなのだろうと、私は思った次第です。
2007/01/29(Mon) 15:31:36 |  ひろの日記帳@International Cafeteria
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。