上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
「Y!B転載機能」を法律上どのように解釈するか、という議論がY!B内外で始まっている。

ここで各論の詳細を述べることは控える。理由は後で述べるとして、興味のあるかたはリンク先を参照していただきたい。(※先に議論がはじまったのはFD氏のブログだが、トンコ氏が各論の要点をまとめているので、そちらを上段に配した)

転載機能を撤廃させていくために(by トンコ氏)
ひっそりと転載機能を考えてみます・・・シリーズ(by FD氏)

えー、ここでちゃぶ台をひっくり返すようなことを書きます。
(この議論に参加されているみなさま、不快な想いをさせたら誠に申し訳ありません)

私はこれまで、Y!Bの転載機能について、【撤廃】ではなく【撤去】すべきだと書いてきた。
「Y!B転載機能をとっぱらえ!」と主張するとき、【撤廃】という言葉が、私には馴染まなかった。【撤廃】という言葉は、それなりの合理的目的を有していた制度/システムを、別の合理的な理由に基づき廃止するという意味合いに思える。そんな大層なモノに見えなかったからだ。あの「転載ボタン」が。

あのボタンはそもそも、「契約」だの「著作権の行使(あるいは放棄)」だのという高度な概念など内包していない、と私は思う。単なる【コピー(複写)ボタン】ではないだろうか。複写機のコピースタートボタンと同じことだ。【目の前の記事(※著作者が誰かはどうでもよい)】を、自分のブログにコピーする為のボタン。誰が誰のモノをなんの目的でコピーするのか、原本コピーなのか孫コピーなのか、それが法に抵触する行為なのかどうか、そんなこたあボタンは知ったこっちゃないのである。
Y!Bも、知ったこっちゃないと思っている。使い方は自己責任でお願いしますと言っている。ヘルプを見ればわかる。「ほかの記事の内容をコピーして、自分のブログ内に掲載できる機能があります。この機能を「転載」と呼びます。」という解説しか載っていない。なんのために使えとも、こういう使い方はまずいですよとも、一言も書かれていない。ガイドラインで「著作権者の許可を受けずに著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害したり、侵害を助長すること」を禁止行為に掲げておきながら、転載機能の法的位置づけはどこにも載っていない。

Yahoo!Blogsの設計段階で、記事作成者の著作権がどうこうという議論は、まったくされなかったのではないかと私は勘ぐってしまう。そうでなければ、記事作成者(著作者)の氏名表示権さえ保たれていない欠陥機能が搭載されるはずがない。だから私は【撤去】と書き続けた。とっととその【コピーボタン】を取っぱらえ、と。

転載機能にあえて法的な解釈を後付けするならば、「複製権の放棄」が一番近いのではないかと私はFD氏に提案した。いったん転載を許可すると無限転載が可能なうえ、転載された事実を確認することも、転載記事を回収(削除)することも、<機能上は>できないからだ。
この解釈はかなり無理があるのだが、「複製権の許諾」の方向で解釈しようとしてもまた別の無理がある(※要点はトンコ氏の記事を参照してください)。無理があって当たり前だ。法解釈をスッ飛ばして産まれたお手軽ボタンなのだから。

CC(クリエイティブ・コモンズ)のように、Y!Bが「転載機能を使用したさい、著作(権)者の権利が及ぶ範囲」を明示しオーソライズしてくれたなら、問題はもっと簡単だっただろう。記事作成者も転載者も、著作権法の範囲ではカバーしきれなくとも、なんらかの法的な保護を受けられただろう。しかし、Y!Bはそれを完全に怠っている。転載機能に欠陥があることのみならず、「どこもオーソライズしてくれない」という現実が加わっているからこそ、ユーザーは法的な保護を受けられ難い状態に放置されているのである。不完全な機能を「デフォルト可」で持たされながら!

転載機能を法律上どう位置づけるか。この議論そのものを、無意味だと言っているわけではない。おおいに有意義だと思う。検証すべき点は他にもある。たとえば、以下の二点。
(1)転載を全文複製と見なすか全文引用と見なすか
(2)記事が特定の個人・企業・団体等になんらかの負の影響を与えたさい、記事作成者と転載者に問われる責任の比重(参照:Y!B天災機能(5)
この件については、FD氏が記事を練っていらっしゃる気配がするので、私は下駄を預けます。トラックバックを参照してください(←明示の予約。なんちって)

だがいずれにしろ、議論の目的は、「現状の転載機能」に一義的な法解釈を与えることではないと思う。さまざまな解釈を議論者が出しあうなかで、それぞれの解釈に特有の「コンテンツの扱われ方」をはっきりと浮かび上がらせ、認識することではないだろうか。現段階では、私はそう考えている。
それが見えたら、次は議論のベクトルを逆に向ければいい。川下(現状)から遡っていた議論を、今度は川上(あるべき姿)から流し下す。まずは、もっとも重要な選択を問う。
(A)転載機能を撤廃するか
(B)転載機能を改善するか
ここで多数決を取る必要は無い。Y!Bを特徴付けているこの特殊な機能を、消すか、残すか、二案あるということを示し、次に(B)を選択した場合のユーザー側のメリットとデメリットをつまびらかにする。

転載機能を温存するなら、
(a)私達はどのように自分のコンテンツを発信したいのか。転載者にどう扱って欲しいか。
(b)そのためには、機能がどのような仕様であるべきか。何を許し、何を許さないか。
ここまでで、数パターンが出揃うと予想される。川の流れは一本ではないわけだ。法律に詳しくないブロガーの意見もどんどん吸い上げたらいい。過去の議論に参加した記事群を参照するのもいいだろう。そのうえで、さらに、
(c)法律上、合理的に解釈できる内容になっているか(=法的な保護を受けられるか)。
を検討する。著作権法で保護され難い内容ならば、Y!Bによるオーソライズを前提にしなければならないが。記事作成者がCCを表示させることで解決する道を探ってもいいだろう。
※参考記事:Yahoo! ブログの転載機能とクリエイティブ・コモンズ(by 麦氏)
そのうえで、さらに、
(d)転載による不法行為の拡散を予防するために必要・有用な機能を追加するかどうか。
(e)トラブルが起きてしまったさい、転載記事を回収(削除)する機能を追加するかどうか。
(f)以上、それぞれの仕様ごとに、ユーザーに問われる「発信責任」の重さがどう変わるか。
という順で検討すると、スッキリ整理できる。

・・・と、私は考える。音頭を取る気はないが。
(すみません)(おもしろそうな話題には乗ります)(ああなんて無責任な放言)

幾つもの支流を集めて海に出ることができたなら、素晴らしい議論になるだろう。アホタレ大家の無能ぶりを、ユーザーの力で笑い飛ばすことができるかもしれない。

しかし結論が出なかったとしても、仮に大家が動かなかったとしても、この議論には価値がある。
資格・能力・経験を問わず、誰でも自分の表現を発信できる時代が来た。Y!B転載機能は格好の素材なのだ。私達は、自分のコンテンツをどう発信したいのか、広くかつ安全に発信するにはどうしたらいいのか、発信に伴う責任をどう引き受けてゆくべきか。そういったことを考察するうえで。
「自由な議論」の真の意義と楽しさとは、結果ではなく、その過程にこそ宿っていると私は思っている。




※Y!Bの法的責任・道義的責任を明らかにする議論については、別途、記事を起こしたいと考えている。
と、今年1月にも書きましたが。忘れてたワケじゃありません。・・・怠けてただけです。
スポンサーサイト

12/10|Y!B 転載機能コメント(15)トラックバック(1)TOP↑
この記事にコメント
ようやくここにたどり着いたという感じですが
 転載機能を巡るエントリを読みまくっていてここにたどり着きました。
 形は違えど、かの人が噛み付いているエントリもそうでないエントリも、殆どのところで書いていることはこの連載に書かれているような内容に尽きるのではないか、というのが脇から見ていて思ったことです。
 構図は無断リンクで注目されたかの人の発言とそれを巡る議論、もっとさかのぼればHTML講座の大家といわれる人(神崎先生のことではありませんので念のため)が広めている誤解をなくそうという”正しい”HTML講座が登場してきた事情と同じように私には見えました。
From: J * 2006/12/10 08:41 * URL * [Edit] *  top↑
こんにちは。
拝読しました&秘コメいれさせていただいております。

《eXcite》なる山里で育ったあたしは、秘コメが大好きww 
From: 阿檀 * 2006/12/10 16:39 * URL * [Edit] *  top↑
>Jさん
はじめまして。当ブログへようこそ!(笑)
無断リンクを巡る議論・HTML講座・・・の件は、私は事情を知らないのですが(Y!B田舎にどっぷり浸っているもので。てへ)、なんとなく仰られる意味はわかるように思います。
誰が統制しているわけでもないWWWの世界で、「何がスタンダードか」ということを考えてゆくとき、自分にとって都合の良い解釈を正統と信じきって他の価値観を潰しにかかってもしかたねーよ、ということでしょうか(←おもいっきり憶測です)
私自身は、(現実世界に対し)もっともリスクが少ないこと、リテラシーが未成熟な人々を守る効用のあること、できるだけシンプルかつ適切妥当であること、こういったことに価値を見出して事象の是非を判断したいと思っています。

教えていただいた記事、先日読みました。私は、「情報の最適化=1データ多リンク」と思っていません。あの内容はよくわかります。ご紹介ありがとうございました。
From: わたりとり * 2006/12/10 21:22 * URL * [Edit] *  top↑
>阿檀さん
ようこそ、いらっしゃいまし~(笑)
そういえば、エキサイトにも内緒コメがありましたね。使用しているかたも、よく見かけます。Y!B住人としては、なんか親近感・・・

そうそう、例の件ですが、記事「Y!B天災機能(3)」コメント欄をご覧ください。(笑)
From: わたりとり * 2006/12/10 21:30 * URL * [Edit] *  top↑
山の里より愛をこめてw
秘コメは《FC2》でもあるわけですが、「なりすまし防止コメ」は親近感を感じます。《eXcite》のは、アイコンも、ハンドルさえなく(アルファベットのIDだけ)むちゃ地味ですが。あと親近感があるのは、文字数制限がキツめ、これ。ただ、《eXcite》の場合は制限が半角1000なので、それ以上になったらトラバせい、と言うてしまっていいと思いますが。

あとですね、《Y!B》に限らず、技術屋さんの著作権知識は、あまり、そのww たとえばここ(FC2)なんかも、そのwww バックに伊藤忠という巨大企業がついている《eXcite》でさえ、ユーザーにミスを指摘されて規約を直したという話があるとのこと……w
From: 阿檀 * 2006/12/10 22:38 * URL * [Edit] *  top↑
統制はされていますけどね
 W3Cという組織が現在では標準化団体となっているわけですが、まあ、強制とまではしていない訳で(法規制という強制は各国の役目ですから)。

 ただ、詳細は吟味してないですけれど「著作権」そのものについての考え方はかなり各国で違いがあり、そしてWWWという「国境のないシステム」が事態を複雑化している、ということは言えるのではないでしょうか(WWWもHTMLもアメリカ生まれである、というところがポイントかもしれません)。
From: J * 2006/12/11 00:58 * URL * [Edit] *  top↑
島国から愛をお返し♪
>阿檀さん
Y!Bはコメント250文字なんで、さらにキツイっすよ~。記事への感想くらいなら書けますが、まとまった意見を伝えようとするとどうしても連投になってしまいます(汗)

そうそう、このブログ、最初はY!Bを徹底的におちょくる創作小説を連載する予定だったんですよ。
「極東のヘンな島国Y!王国」という設定で・・・
山里エキサイトには親近感があります。素朴なところが(笑)
From: わたりとり * 2006/12/11 13:33 * URL * [Edit] *  top↑
著作権への理解
>Jさん
阿檀さんの話ともつながりますが、著作権に対する理解は一様ではないですね。「無理解(というより、未知の状態)」がデフォルトだと思ってかかったほうがいいのかも。私も基本的なところしか知らないので、偉そうなことは全く言えません^^;
さらに国や地域が変わると、その場ごとの風土というか、特性もあるのでしょうね。WWW全体から見たら、日本語圏じたい相当特異な世界だったりして。・・・これは妄想です(笑)
From: わたりとり * 2006/12/11 17:42 * URL * [Edit] *  top↑
ある意味当たってます
>WWW全体から見たら、日本語圏じたい相当特異な世界だったりして。
 %たいとる%。

参考資料1・文字コードの話)
http://mikeneko.creator.club.ne.jp/~lab/kcode/

参考資料2:HTMLの歴史)
http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/history/Web.html

以下参考資料2から引用:
「なほ、HTML 3.2は2.0の上位規格とされ、國際化對應されてゐない(ASCIIの文字しか使へないやうになつてゐる)。その爲、HTML 3.2では日本語の文字(ひらがな・カタカナ・漢字)を使つてゐてはならない事になつてゐる。」

 すでにご存知でしたら済みません。
From: J * 2006/12/11 18:45 * URL * [Edit] *  top↑
おぉ~(汗)
そっち分野はちんぷんかんぷんなのですが(HTMLにバージョンがあることくらいしか)・・・ブラウザ戦争って、確かに戦争だった、あれは(笑) ありがとうございます。
文字コードのほうはちょっと馴染みがあります。ワープロやらMacやらちょこちょこと商ってた時代があるので。

技術的なことだけでなく、Web上でのコミュニケーション形態にも、日本独特のものがあるかもしれませんね。ひょっとしたら。コメントスクラムとか炎上とか・・・ああいう現象は海外にもあるのだろうか・・・
From: わたりとり * 2006/12/12 00:21 * URL * [Edit] *  top↑
SNSという場面ではありそうですね
 炎上の話は何かの記事で読んだことがあったように思えます(YouTubeかネットゲーム関係だったような)。コメントスクラムは・・・”ムラ”社会である日本ならではな気がします(宗教関係の話題だと海外でも起こる可能性はあるかも)。いずれにしろ外国語は私にはさっぱりなので海外の資料は当たれず真相不明ですが(仕様書ももっぱら和訳の方を読んでます)。
From: J * 2006/12/12 00:36 * URL * [Edit] *  top↑
ん~(笑)
Jさん、こんばんは。
上二つのリンク先を拝見して・・・ん~・・・

ここでゴタゴタ揉めたくないので最小限の言葉でいいますが。
情報とデータを同一のものと捉えている人は、「リンク参照」と「転載」の価値の違いを理解できないと思います。ほほほ。

下のリンクは、おもしろいですね。結論オリエンテッド論者、私も複数知ってますよ。リアルでもネットでも。がっぷり組んでも疲労するだけなので、関わるのは最小限にしたいです。ほほほ。
From: わたりとり * 2006/12/12 22:16 * URL * [Edit] *  top↑
そうですね、失礼しました
 12回以降、もしくは新連載を楽しみにいたしております。記事リンクは消していただいても構いませんので・・・ご迷惑かけました。
From: J * 2006/12/12 22:51 * URL * [Edit] *  top↑
おねだりごと
こんばんわ。。
《FC2》のww 阿檀adankadanです。
ぢつはおねだりごとがあって、こちらに書きました。
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-174.html

それから現状こちらもぜひお読みいただければと思います。
http://fc2blogwalker.blog21.fc2.com/blog-entry-48.html
よろしくご検討くださいませ
From: 阿檀 * 2006/12/13 00:42 * URL * [Edit] *  top↑
>阿檀さん
では、おねだりごとは明日で。(今、最終記事をシコシコと・・・)

もう一個のほうは・・・
げ! @@;
バックアップしますしますします。ひ~コワ。
教えていただいて良かった。感謝深謝。
From: わたりとり * 2006/12/13 00:51 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
転載問題への関心の持ち方の違いを整理する
[http://blog.fuktommy.com/1165588805 本人が転載していいというんだから転載していいんですよ]blog.fuktommy.com[http://cockatiel.blog6.fc2.com/blog-entry-482.html まっとうな転載機能の仕様を考える] [http://cockatiel.blog6.fc2.com/blog-entry-488.html 転載問題]
2006/12/10(Sun) 03:45:35 |  一歩後退、二歩前進
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。