上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
連載初期の記事 Y!B 天災機能(2) で、私は以下のように書いた。

転載機能の不備の詳細について、今ここで詳しくは述べない。
不備を書き並べると、「不備が改善されれば使用できる」という議論が始まるからだ。
私は、転載機能そのものが危険、完全撤去、と考えているので、細かい枝葉の話は割愛する。



自分で言うのもなんだが、これは極論すぎる。いくら「機能改善など不要!撤去あるのみ!」と主張したところで、肝心のY!Bが動かないのだし、仮に動いたとしても【撤去】はまずありえないと私自身が思う。Y!Bとしても、それなりの意義を見出して機能を付けているはずだからだ。
(※100要求して20むしり取れれば祝着万々歳、と思っているので、自説は変えません)

現実路線としては、転載機能の問題点を抽出し「改善要望」をY!Bに提出するほうが堅実だ。
今回は、転載機能を温存することを前提に、改善点を整理してみる。

【欠陥是正】
(1)記事作成時のデフォルトを「転載不可」にする
(2)転載したさいは、転載記事であることがわかりやすく明示される
(3)転載記事に「最初の発信者のブログ名・ブログURL・記事URL」が明示される
この三点は、改善要望などというレベルではなく、欠陥是正の要求である。絶対必須の要件だ。

【改善要望α】
(4)転載機能使用時に注意事項をポップアップ表示するなどのアラート・ガイダンス機能
(5)記事作成者が、再転載の可・不可を選択できる機能
(6)記事作成者が、転載後の公開・非公開状態を選択できる機能
この三点は、転載機能をより安全に利用できるようサポートする機能といえる。著作権侵害・肖像権侵害記事の蔓延を予防するという点で、また記事作成者が自記事の頒布量と形態をコントロールできるという点で、実現すれば心強い機能だ。

【改善要望β】
(7)転載履歴(もしくは全ての転載先)を把握できる管理機能
(8)転載後の記事を、記事作成者が一括/個別削除できる機能
この二点は、転載でトラブルが起きてしまったさい、記事作成者が強権発動するための機能といえる。
しかし私は、この機能は不要だと考える。安易な転載許可/取り消しが相次ぎ、揉め事を多発させるだけだ。著作権侵害・肖像権侵害・名誉毀損記事などを大量頒布した記事作成者が証拠隠滅のために「一括削除」する危険性が無いわけでもない。不要というより、諸刃の剣となる危険な機能だと思う。
現在の転載機能はデフォルトが「転載可」で再転載(無限転載)が可能なので、転載許可するつもりの無かった記事を知らぬ間に大量転載される危険がある。そういったときには、心強い機能となるだろうが、私が挙げた改善要望の(1)~(6)が先に改善されていれば、使う機会はほとんど無いはずだ。


以上。こんなカンジで宜しいですか、Y!ブロガーのみなさま。
(誰に訊いているのさ)(足りない点があれば加筆します)(御指摘大歓迎)

これは私のアイデアではなく、Y!B内で多数のブロガーが繰り返し書いてきたことだ。繰り返し多数のYahoo!ブロガーの手で問題は整理され、改善点がまとめられ、Y!Bカスタマーに要望されてきた。ブロガーとカスタマーのやりとりを記録した記事も、Y!B内には多数ある。
(A)~(D)派間で、主張に多少の差異はある。だが、転載にまつわるトラブルで加害者・被害者が出ることのないよう、早急に機能を見直して欲しいという想いは、全ての利用者で一致している。

それでも、いまだに転載機能は一点も改善されていない。サービス開始から20ヶ月を数える現在でも。

このアホタレ大家を動かす手立てはあるのか。私にはわからない。諦めたほうがいいという声が常に聞こえる。それでも、転載機能に対する怒りの記事を起こすYahoo!ブロガーがいらっしゃる間は、ここは消さないでおこうと思う。更新の用意を整えておこうと思う。
メイン・ブログでは私はただの妄想鳥だが、ここでは、ブロガーなんでね。



【追記:2006/11/26】
内緒コメントにて、(5)記事作成者が、再転載の可・不可を選択できる機能>この部分を、選択式ではなく「二次転載は絶対に出来ない」仕様にすべきと思う、という御意見をいただいた。
複製を許可できるのは著作(権)者のみ、という原則に立ちかえれば、確かにそうあるべきだ。また二次転載には、元記事が修正された場合・削除された場合でも旧い情報が増殖蔓延してゆくという問題点がある。
私は、「著作物複製権を放棄する(二次転載を許す)ことで自作品を広く発信する」という使用法があっても良いと思っているので、コメント者とは意見を異にするが、貴重な御意見、誠にありがとうございました(深謝)。
スポンサーサイト

11/26|Y!B 転載機能コメント(2)トラックバック(4)TOP↑
この記事にコメント
TBが反映されないので・・・
わたりとり さん こんにちは!

先程記事を書き上げてTBをさせてもらったのですが反映されていないようで・・・(涙)

一応、コメントでお伝えしておきますね。

もし、時間がたって何発もTB記事が反映されていたら・・・消してやってください。(何連発もうってしまったので)

宜しくお願いします。
From: FD * 2006/12/01 12:35 * URL * [Edit] *  top↑
ありがとうございます(-人-)
まだ反映されてないですね^^;
では、あぶないブロガー読者様に向けてお知らせ。
【ひっそりと転載機能を考えてみます・・・その2 (by FDさん)】
http://fd3sawada.blog56.fc2.com/blog-entry-33.html

コメントはそちらに。
いや~それにしても。転載機能ってほんとに考えるネタが尽きない。おもろい。憎たらしいんだか愛しいんだか、わからなくなってきた・・・
From: わたりとり * 2006/12/03 00:17 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
ひっそりと転載機能を考えてみます・・・その1
本当は、前回からの記事の第二弾を書かなくてはならないのですが・・・機を逸した形になってしまったので保留に・・・。わたりとりさんのあぶないブロガー11のY!B 天災機能という一連のシリーズを読み、また触発さ
2006/11/27(Mon) 22:57:54 |  【FDの考え】
ひっそりと転載機能を考えてみます・・・その3
う~む・・・記事をupしたばかりですが・・・先日、この連載の「その2」を掲載したばかりで申し訳ないのですが、Yahoo!ブログの転載機能の解釈・・・少々、変えないといけないかもしれません。前回の記事で、僕
2006/12/03(Sun) 23:55:42 |  【FDの考え】
転載機能を撤廃させていくために
ヤフー・ブログの転載機能と類似した「スクラップ機能」を持つCURURUが、機能の仕様変更を行った。ヤフーの状況と同様に、著作権・肖像権等の侵害が後を絶たないのが理由のようだ。仕様変更により、転載した記事は4段階の公開レベルのうち最もオープンな「全体公開」が選択
2006/12/08(Fri) 02:34:03 |  一歩後退、二歩前進
ひっそりと転載機能を考えてみます・・・その5
前回、前々回の記事では大変失礼致しました。そして、色々と勉強になりました。さて、今回は、事例の研究に行く前に、『黙示の許諾』と『無断転載』という言葉を少しだけ解剖し、更に現状の転載機能の仕様から逆
2006/12/09(Sat) 23:02:05 |  【FDの考え】
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。