上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
昨年末からはてなブックマークを見るようになって、Y!Bの転載機能の特性がひとつわかった。
(誇り高きはてなユーザーから、「あほーな転載機能と比べて語るな、汚らわしい」と怒られそう)

ハイパーリンクで繋がっているインターネットは、情報を引いて(pull)取り出すシステムだ。
この「引く」という動作をするか、しないか。かなりの個人差があるだろう。そしてただのテキストリンクでは「引かない」人の方が圧倒的に多いだろう。それをどうやって「引かせる」か。

で、はてなブックマークというのは、情報にブックマークというメタ情報を付けさせ、さらにメタ情報の分析値(=ブックマーク合計数)を見せることで、情報を押し出す(push)サービスなのだな、と見た。
まあ、クチコミのシステムなわけですが。【情報に付随するメタ情報の多さ】をもって情報を押し出すという点がおもしろいな、と思う。リアルで喩えれば「あの株は買いだ、昨日の出来高が○○だったから」というカンジか。メタ情報の分析値が元情報の価値を押し上げる(一時的にだが)、というシステム。

で、転載機能だ。この機能、Y!Bは「良質な記事を推薦する」目的で使って欲しかったのではないか、と私は思っている。クチコミのシステムとして機能させたかったのではないか。
はてなブックマークと違い、転載機能は【情報そのものを目にする機会の多さ】をもって情報を押し出す。リアルで喩えれば「あの本は買いだ、あいつもこいつも買って読んでいるのを見たから」といったところか。

はてなブックマークのほうが洗練されていると考えるかたは多いだろう。転載によりコピー情報が溢れることに眉をひそめるかたも多いだろう。が、私は違う感想を持っている。ブックマークシステムと転載システムは、志向が違っているだけで、「ユーザーが価値があると判断した情報をpushするシステム」としては同列のものだ。
ただ、ブックマークシステムは【A:情報を収集する人(能動的な人)】志向、転載システムは【B:情報を待っている人(受動的な人)】志向だな、と感じる。そしておおかたの人は【B】志向だ、と私は考える。

ブログ界に浸っていると、ふっと、【A】でない人は世界から取り残されるんじゃないかと思うことがある。
が、現実は逆かもしれない。真に情報を掴んでいるのは【B】かもしれない。ネットに漬かり、鮮度抜群だが生き残るかどうかは定かでない情報の芽を追い続けることに時間を割く【A】より、選別され価値が確定した情報に効率よく目を通し残った時間を別のなにかに振り分けている【B】のほうが、世界を掴んでちゃんと歩いているのかもしれない。(かもしれない、ですよ)。
そうした【B】志向の人にとって、価値ある情報とは「メタ情報の合計値」ではなく、「今、目の前に掲示されているひとつひとつの情報」だ。そんな非効率的なとかweb0.0的なとかクサしても仕方がない、そうなんだからそうなんだ(力説)。

会社にLANを敷き、グループウェアを導入し、重要な情報を繰り返し回覧しても、見てない奴は見ていない。自ら情報を取りに行こうとしない。パソコンのモニタにメモを貼り付けると、やっと見てくれる。そういう人間がいる。注意すると「見るべき情報が多すぎて、見たんだけど覚えてない」などと開き直る。最もインパクトのある情報は「今、目の前にある情報」だという人間がいる。はい、私のことです

そういう人間でも、しだいに自分で検索すること、洗練されたサービスがあることを知る。そうしてゆっくり変化してゆけばいいと思う。
優れたメタ情報提供サービスがあることは素晴らしい。けれど、まだまだネット慣れしていない層を対象に、リアルに近い感覚をネット上に展開できないかと試みる、そうしたサービスがあることも、私は素晴らしいと思う。

転載機能は欠陥だらけなので撤去すべきだが、「野暮ったいシステムだから不要」とは私は思わない。
そういう野暮さも、必要ですよ。裾野を広げるためにはね。




※そうそう、おもしろいコメントをいただいた。
「スタッフブログでお手本を作ってお知らせを転載させればいいのに…なんて思いました」byらぶさん
これは本当にいい案だ。転載の利点を活かしきっている。
「お知らせ」をろくに読まないユーザーと、転載機能を重宝するユーザーって、おもいっきりカブりそうでしょ? だ・か・ら(笑)
スポンサーサイト

04/18|Y!B 転載機能コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
また盛り上がってきたようで…
> 「ユーザーが価値があると判断した情報をpushするシステム」としては同列。
という部分には同意できますね。
後段の【A】【B】の部分は,システムの特性というより,使い手の姿勢という気がします。はてなでも【B】的なブックマークはよく見かけますよ。Yahoo!にも【A】的に情報収集している人もいるでしょう。システムが使い手の姿勢に影響を与えるということはありますが,切り分けておいたほうがよいと思いました。

【A】のやり方ですべてをやろうとすると,途方もなく時間がかかるのは明らかなんですが,即断の必要がないなら,判断を保留しておいて,ちびちび情報を集めていく,という手もあると思うのですね。外見的には【B】のようにも見えるかもしれない。決定的な違いは,【A】自分で判断しようとするか,【B】人の判断にゆだねるか。(というのは言い過ぎか…。)

表現するときも,表現を受け取るときも,そこに「自分」があるってことを大事にしたいと思います。
From: 無義 * 2006/04/20 14:04 * URL * [Edit] *  top↑
ありゃ^^;
確かに。読み返したら、人の志向とシステム論とがごっちゃになっとる^^;

はてなを知って、わかったことがあるんですよ。
たとえば、「車」という物体に対して、単に「乗る」タイプと、「ウンチクを語って楽しむ」タイプに別れるでしょう。で、「情報」にも同じことが言えるのではないか、はてなブックマークは「情報のウンチク」を集めるツールになっとるぞ、と。(もちろん、淡々と栞感覚でブクマしている人も相当いるでしょうが・・・)

【A】情報の鮮度・ウンチクまで含めて楽しむタイプ
【B】単に情報を消費するタイプ
ってカンジですかね。混在している人もいるでしょう。自分の興味が深い分野だけ【A】だという人もいるだろうし。というより、そのタイプが一番多いのか?

はてなのブックマークを眺めていると、試されている気分になります。「私」は何を重視する? 情報の分野か? 記事タイトルか? それともブクマ状況か?
それこそが「自分」の情報の受け取りかた、個性だなと感じますね。
From: わたりとり * 2006/04/20 14:48 * URL * [Edit] *  top↑
わたりとりさん、こんにちは。
【B】志向の人はバトンと同じ感覚で、頼まれると断りきれないとか
転載しないとお友達じゃないみたいに感じる人もいるんでしょうね。

Yhoo!の社長が「ユーザーが資産になる」と言っていましたが、
Yahoo!ブログの現状では、良質な情報は外へ外へと流れていくと思います。
From: らぶ * 2006/04/21 14:28 * URL * [Edit] *  top↑
懐かしい・・・
> 会社にLANを敷き、グループウェアを導入し、重要な情報を繰り返し回覧しても、見てない奴は見ていない。

懐かしい響きです・・・。(笑)
前職では、こんなことありましたねぇ。

究極のWebというか、知的生産補助システムというのは、「使わなくてはいられれない」という、一部麻薬のような魅力を持ったものなんでせうか?そういう意味で、ソーシャル***といったのは、昔のWebに比べて魔力を持っているような感じがします。

今日から、はてなブックマークをちょっと試しています・・・
From: Prowler7010 * 2006/04/22 05:13 * URL * [Edit] *  top↑
>らぶさん
>Yhoo!の社長が「ユーザーが資産になる」と言っていましたが
うっそー!信じられません。地獄に行って閻魔に舌を抜かれるがいい(あ、まだモードが切り替わってない)

確かに、良質な情報というか、私が読みたいと思う記事を書くかたは、どんどん他社に出られてますね・・・けっこうさみしいのよ、これでも。
From: わたりとり * 2006/04/22 10:14 * URL * [Edit] *  top↑
>Prowler7010さん
おお、はてぶデビューですか。私は使いかけて放置状態ですわ。めんどくさくなってしまって^^;
優れたシステム(商品)とは麻薬のような魅力を持ったもの、というのは深く納得です。そういう商品を開発できたら、作り手冥利に尽きますなぁ~。消費者としては、ちと用心しなければなりませんけどね(笑)
From: わたりとり * 2006/04/22 10:19 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。