上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Y!Bのユーザー層は、どのような構成なのだろう?

私は一ユーザーに過ぎない。目が届く範囲はごく狭い。Y!Bが抱える数十万のアクティブユーザー層分析など、私にはできない。
しかし、こういう感触はある。Y!Bユーザーには、【若年層(10代・20代)】【学生・主婦など社会経験に乏しい層】【ネット初心者、もっといえばパソコン初心者達】が、多いのではないか?
「やっていいことと悪いこと」の区別が付かない、リテラシーが低い、低くて当たり前の背景を持ったユーザーが相当数いる、ひょっとしたら彼らこそが中核ユーザーではないか?
前記事で書いたgoo絵文字転載事件を眺めていると、そうとしか思えない。(偏った見方であることは自覚しているが)。

私は、初心者のリテラシーが低いことを恥だとも罪だとも思わない。少なくとも「重大な過失だ」「悪質な行為だ」と責めたてられ損害賠償を迫られるほどの咎だとは思わない。勉強しないヤツが痛い目にあうんじゃ、などと高みに構えるつもりもない(ただし、自己防衛のために勉強は必要です)。

ブログというツールを得て、誰でもネットで発信できる環境が整った今、サービス提供側がユーザーに対するリテラシーの期待値を下げるべきだと考えている。ユーザーのリテラシーの低さを補い、ユーザーが危険を冒さないよう、最大限の配慮を商品の機能とデザインに盛り込むべきだと思っている。
転載機能などもってのほか。こんな爆弾を全ての記事に標準装備させて、いったいどういうつもりなんじゃい。アホか、Y!Bよ。

企業がユーザー特性を把握し、ユーザーの行動パターンを予測し、商品を設計することは、常識だ。
モノ創りの企業ならば、ユーザーが自社の製品をどう使うか考え、「想定外の事態」が起きないようあらゆる可能性を検証して設計している。素材を選び、形状を整え、取説・注意書きの文言と表示場所に細心の注意を払う。(玩具メーカーが代表例だろう)。
PL法(製造物責任法)の精神に鑑みれば、企業に消費者の安全を守る義務があることは明白だ。(※注記1)
参照:http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/pl-j.html
 (↑ページ下の「Q&A」がわかりやすい)

私は憶測することしかできないが、Y!Bはユーザーの年齢層・性別傾向・ライフスタイル(職業)分布を、かなり正確に把握しているはずである。あんなデカイ企業がマーケティングしていないはずがない。(していないなら、Yahoo!にとってブログ部門は立て捨て部門だということだ)
リテラシーが低いと充分予測できるユーザー層を抱え、それを把握しながら、Y!Bは彼らに転載機能を使わせ続けているのだ。しかも、デフォルト「可」で!。もう一回言ってやるわい。アホか、Y!Bよ。

ましてY!Bは、ターゲットを若年層・主婦層・ネット初心者に据えている。私はそう睨んでいる。(違うというなら、他のどの層を狙っているのか釈明してみれ、と言いたい)
あの「難しくないよ、簡単だよ、さあみんなでやってみよ~」と謳うお気楽過ぎる開設ページ(カット絵・ポップ体ぽいフォントを見ても若年層・女性をターゲットにしているとわかる)、「いらんこと考えるな、書きたいことだけ書いてほれ、投稿ボタンを押せ!ポン!」と背中を押すシンプル伊豆ベストなあの記事投稿フォーム、「あんたたちほんとにヘルプなんか読むの?読んでわかるの?Y!Bなんてヘルプが要るほど難しく作ってないわよ、ふっ」とばかりに投げやりなあのヘルプ、どこをどう見ても、【ブログ初心者】以前に【ネット初心者・パソコン初心者】を想定しているとしか私には思えないんだよ。なのに転載機能ってどういうことよ。何度でも言ってやるよ。アホか、Y!Bよ。


・・・い、怒りまくってたら疲れた(ゼイゼイ)

ともかく、今回、私が言いたいのは(まだ言うか)、こういうこと。
Y!Bは、自らが狙った顧客を開拓し、捕まえた。企画は成功したのだ。
だからこそ、顧客特性にそぐわない転載機能を搭載した責任は重い。「想定外」という言い訳は立たない。想定しろや、それくらい。あんたらが狙ったユーザー層に転載機能を持たせたら、遠からず暴走することくらい、たかが一ユーザーの私ですら予見可能なんだからさ。
頼むよ、ほんとに(ゼイゼイ)。


(※注記1)
サービス(役務提供)・ソフトウェアはPL法適用の対象外。よって転載機能の欠陥をPL法に掛けて訴えることはできない。が、PL法の「精神」をもってY!Bの道義的責任を問うことは可能、と私は考えている。この件は別途、記事を起こす予定。
スポンサーサイト

01/27|Y!B 転載機能コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
ブクマ追いかけるだけでも息切れします(ゼイゼイ)^^;
本も出てますが、Y!Bのウリは「世界で一番簡単なブログ」でしたね。
とりあえすPCの電源を立ち上げたらYahoo!がトップページという
初心者をターゲットにしているのは明らかだと思います。

そうしたネット初心者がお手軽な転載ボタンと同じ感覚で、
他サイトから転載してる現状を企業はどう見ているのか疑問です。
From: らぶ * 2006/01/28 14:54 * URL * [Edit] *  top↑
アクティブユーザーとなると
天才連載始まりましたね。
俺のモゲラのファンを見てみると,若年層から高齢者層までわりとくまなくユーザーはいるようです。そのうち,アクティブなユーザーは恐らくわたりとりさんがご指摘の通りなのでは。要するにブログをやってる暇がある人か,ネットが好きな人(笑)
ここまで改善が見られないと,Korea版を持ってくるときに,プログラムの改変を制限するようなライセンス契約をしたのかなあ,と考えたりもしました。つまり,契約を切るか,変更しない限り改善はない,ということ。
あくまで推測ですので。
From: 麦 * 2006/01/28 16:07 * URL * [Edit] *  top↑
どうにも止まらない
>らぶさん
書くとさらに燃え上がるこの怒り(け・血圧が・・・)
「世界で一番簡単なブログ」って・・・orz
なのに転載って転載って、ウガガガァー!(あかん、また血圧が)
From: わたりとり * 2006/01/28 22:56 * URL * [Edit] *  top↑
KOREA版もクセモノ
>麦さん
Y!Bのアノ濃密なコミュニケーションを、毎日楽しめるユーザー層・・・と考えると、偏向して当然だと私は思います^^;

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/16/news024.html
↑このインタビュー記事で、Yahoo!が「ブログサービス開始」を意思決定してからサービス開始まで10ヶ月かかったこと(この期間はけして長くはない、と思う。未だにベータ版だし)、先行サービスとの差別化を狙っていたこと、のわりにKOREA版をまんま移植したっぽいことが読み取れます。
「上層部からのプレッシャーがヒドく、KOREA版の問題点を検証しきれないままY!Bは見切り発車した」が私の裏読みなのですが・・・ライセンス契約の関係で改変できない、という可能性も、考えられるのか。なるほど。
こういうテキトーな裏読みは、コメント欄でだからこそできますね。おもろい(笑)
From: わたりとり * 2006/01/28 22:58 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。