上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
とあるオフィス街。表通りから一本路地裏に入った喫茶店。
窓ぎわのテーブル席で、OL風の女性二人が話している。先輩後輩のような、友人のような。
年下らしい女性が言った。
「本当の友達ってなんですか?」

カウンター席でひとり、男がコーヒーを飲んでいた。
隣の椅子にトレンチコートが掛けてある。背広姿なのに、なぜかスニーカーを履いている。
と、店の扉が開いた。ベルがチリンと鳴る。
「あ、いらっしゃった。山吹さん、お待たせ」
名を呼ばれた男が振り返る。入ってきたのはファラと智庵だった。待ち合わせていたらしい。

山吹は智庵の友人である。シャイダン特訓中の連中を置いて、智庵は彼の街に遊びに来たのだった。
外に出た三人。食事できる店を探しに、ゆるゆると西方面に足を向ける。

山吹が「さっきの店でね」と言って、背中ごしに聞いていた女性達の話を持ち出した。
「女性の派閥? ていうかコミュニティ? あれはよくわからないな。学校にも職場にもあるね。存在するのはメリットがあるからだろうが。参加していても孤独感がつきまとう、なんてこともありそうだ。どう思う?」
ただの好奇心ではなさそうだ。自分の職場でなにかと思うところがあるのだろう。
「コミュニティ・・・めんどくささもあるけれども、得られる情報などのメリットを切り捨てるのも勇気が要りますです。右も左もわからない時期だけいて、しっかり定着する前にフェードアウトしてました」
おっとりしたファラが意外にガッツリしたことを言う。
「私は1個もなじめませんでした。別に参加していなくてもいいけど不便は不便ですね」
智庵は相変わらずドライだ。女性がみなコミュニティ志向なわけではない。そしてこう続けた。
「漠然と人間関係がうまくいかない人というのは、コミュニティの存在に気づいていないか、軽視しているからかも知れません。まあ私のことなのですけど。人は人間関係のあり方をコミュニティ内で学んでいくのです
小中学時代。今でこそ、あれはコミュニティだったと理解できる目に見えない「集」の形。
馴染めなかった自分の思い出など語りながら、智庵は結論付けた。
「やっぱりコミュニティメンバーは友達とは違いますね。コミュニティが解散したら終わりです」

やがて三人は人気のない細道に入った。背の高いフェンスがずっと続いている。フェンスの向こうはどこかの大学の敷地らしい。
大学は、コミュニティに所属していないと学校生活が成立しないというものではありませんが・・・
智庵は再び口を開いた。
「裏情報が入って来なくて、間抜けなことになりました」
苦い想い出があるようだ。
卒業パーティやら卒業旅行やらの話をひとしきりするうちに、細道を抜けた。
信号を渡った先は、表通り。雑居ビルが立ち並ぶ。
山吹がファラに話を促す。
「職場ではどう?」
「幸か不幸か同性の同期がいなくて」
でも、と言って、ファラはぐっと首を縮めた。
「もし派閥なんぞができていたら・・・昼休みなんぞどうなるんだろうとぞわぞわです」
「職場でのコミュニティは短期的には仕事の邪魔です」
智庵が一刀両断した。
それから、ぽつりと言った。
「職場コミュニティの生き残り方を私はまだ解析できていません・・・逃げ出したクチですから」

スポンサーサイト
11/21|浮遊砦コメント(23)トラックバック(0)TOP↑
↓更新怠けてたら、大家(FC2)が勝手に広告貼りにきてた・・・orz
広告


ちっ。続きを書かねば。来週末までにくらいには(たぶん)
次回はカッタウェイさん登場よーん。
11/17|その他コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。