上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
夜闇のなか、浮遊砦は音もなく走る。どこに向かっているのか。

砦のあちこちに灯された篝火。ときおり爆(は)ぜた火の粉が、風に遊ばれクルクル舞う。
赤い火の粉とともに、無数の白片がうねり舞っている。海風のメモ。
いや。違う筆跡の紙も舞っている。その数がしだいに増している。

御津流は砦の裏庭にいた。
碇を落とす井戸のそば。海風と智庵のメモを外壁に並べ留め、数歩下がって眺めを繰り返しながら、ぶつぶつ呟いている
「第1段階は感情。生理的。第2段階は感情の整理。理性が感情に作用。第3段階・・・難しいな。調和か、戦いか、無関心か。第4段階は静寂、と。パラメータは感情と理性にして・・・」

キィは砦の横手にいた。
階段状の観客ベンチがぐるっと巡らされた、テニスコートのような空間。その一角に陣取り、キィはポケットから握りこぶしほどのキューブを取り出した。
「人または異文化には六つの側面がある-外見、言語、外交1&2、内政、治安。それぞれに5段階の評価が加えられるとする」
キューブを高く掲げる。闇をはらい、キューブが輝きだした。
「まずはAステージ。人は他の多様な思想思考の存在を肯定し、自己の発展と成長を望んでいる。進行方向は右へ!」
キューブをコートの中央に放り投げる。キューブは輝きを空間に焼き付けながら、ひとつの傾斜面を描き始めた。よそよそしい他人の平地から、尊敬の高みへと昇りゆく斜面。
コート一面がキューブの軌跡で埋め尽くされたところで、キィはキューブを手招きした。コート面がリセットされる。キィはふたたびキューブを掲げる。
「次はBステージ。人は他の思想思考の存在を否定し、自己中心的である。進行方向は左へ!」
キューブが第二の傾斜面を描き始める。互いに敬意を払うライバルの丘から、互いを支配し隷属させようと攻撃する奈落の谷へと沈みゆく斜面。

海風は砦の正面にいた。閉じた跳ね橋門の壁の上に腰掛けている。
さきほど覗いてきた美津流とキィの思考風景に刺激されたらしい。壁から見下ろしたグラウンドには、棒切れでガリガリと引っ掻き書かれた文字。
コミュニケーションのドライビングフォース
指で空間に十字を切る。
「理論軸・・・尊重、そして軽蔑。感情軸・・・共感、そして反感」
宙に生まれた二つの軸を、グラウンドに投射する。地面が四つの領域に区分された。
「そこは共存。左は儀礼的無関心領域か。その下はもちろん対立。右下は・・・あ、同化圧力か」

おのおの、なにかを考えつくたび、三者は自分のメモを、砦をめぐる風に投げ入れる。
さらに、三つの場所を忙しく巡る智庵が自分のメモを加えていく
刻々と増えてゆくメモ。白い突風が砦を時計回りに巡る。砦の中心に立つ物見櫓は、まるで台風の目だ。
吹きすさぶ嵐のなか、御津流の声が響いた。
できた! 知りすぎ線、てのも入れてみたよ
続けてキィの声。
「よし。こういう平面図もいけますね。ふむ、知りすぎ線・・・では、キューブ軌跡面の修正案を」

さらに海風の声。
「やっぱ3次関数の曲線にしたいなー。格好いいし。よっ!
虚空を指さし、なにごとか呟く。物見櫓を前にした空間に、なだらかな傾斜曲面が現れた。

夜が明けてきた。白む空。下界の様子がすこしづつ浮かび上がる。
どこまで流されてきたのか。砦は誰も見たことのない丘陵地帯の上空に浮いていた。

櫓のてっぺんで羽を休めていたクチダケ鳥が、突然クチを開いた。
「海風はん! うちもいっちょ案があるねん。その交流曲面、使てもええか?」
「いいけどー。どうするのさ」
「その曲面、穏当すぎるわ。人の交わり合いてぇのはな、どこぞにボコボコ穴が空いてるはずやねん
「えっ! それって・・・僕が最初考えてた・・・」
「せや。外、見てみたらええわ。ちょうどそこにあるで。おおーきい穴がな」
海風は風に変じて上空に飛んだ。
智庵・御津流・キィの三人は、急いで跳ね橋門を降ろした。空に突き出した橋げたの上から下界を見下ろす。

一見ならだかな丘陵地帯であるのに。
砦の前方には、蟻地獄のような穴が口を開けていた。

キィが、ひとときも離さなかった三脚と何かの器具を構えた。どうやら、地形を測定する計測器だったらしい。
器具のレンズにじっと目を当て、やがて、低い声で呟いた。
「そう、間違いない。あれこそが・・・恐怖と憎悪、攻撃と支配の空間・・・Bステージへの入り口です」


スポンサーサイト
07/21|浮遊砦コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
メモに次ぐメモ、白紙雪が溢れた部屋で、風の呟きがグルグル廻っている。
「異文化接触段階の0、1、1'、2、3・・」
「4から0段階へループ・・・螺旋階段状態の空間モデル?」
「なんか違う、なんか違うぞ! 軸がない・・・」
「コミュニケーションの原子モデル、重力モデル・・・」
「たくさんくぼみのある空間モデル?・・・そこを通過する自分?」

扉をノックする音。風型のまま海風は応えた。
「どーぞー」
開いた扉から、クチダケ鳥が顔を出す。
「お、やってるやってる! ・・・て、何してるん?」
「異文化接触と反応と交流の数式化。もしくはモデル化。ってとこだねー」
「砦でやらはったらええのに。ここより広いで」
「まだメモ段階だからね。もう少しまとまったら」
続けて顔を出した智庵が、目を丸くした。
「すごい科学的な方向になっておりますね。ネット住民分類学の時のような立体図ではなく?」
「僕もそう思ってたけど、グラフ化する軸がうまく見つからない」
天井近くで人型に化けた海風が、ドスンと床に下りた。メモ紙の山がわっと散り舞う。

そのとき、初めて聞く声が響いた。
「仮に立体図にすると軸は全て[力の種類]かな?」
もうひとつ、別の声が響いた。
「3次元で考えるから難しいのでないかと・・・僕の思考回路の中では4次元なんですよね」

驚いた三者が振り向く。開け放してあった扉に、二人の人影があった。
「ああ、御津流殿。いらっしゃい」
智庵が、少年の方に呼びかけた。
白いTシャツにざっくりしたケミカルウォッシュのジーンズ、両ポケットに両手をつっこみ、少年は、はにかんだ笑いを浮かべている。
もう一人の男は、クールビズ風の開襟シャツにプレスしたばかりのスラックス、といういでたち。三脚台と何かの器具を提げている。
クチダケ鳥が羽を打ち合わせた。
「キィさん! よう来たな。狭いし散らかってるけど遠慮なくあがってえな。海風はん、紹介するで」
「ここ、僕の家なんだけど。失礼しちゃうー」
海風が言い、フーッとメモ紙を吹き散らした。

挨拶もそこそこに、海風・御津流・キィの三名はすぐに意気投合した。
海風が吹き散らしたメモ紙を片っ端から掴み、おのおのが思い思いの考えを述べる。
「重力・電磁気力・ファンデルワールス力という分類。引力が斥力に反転する駆動力」
「xyzが全て正の時、結果は交流。全て負の時、結果は敵対、とか。あーちゃうわ」
「4次元と言っても、3次元に下限限界を設けて別の次元に移行するって考えなんですけど」
数学物理には疎い智庵だが、思考が化学反応しあう光景に新たな思索が始まった。
「・・・第1段階は[破壊]、第2段階は[再構築]・・・」
クチダケ鳥がやけに静かだ。猛烈に吹き回るメモに目を回し、部屋の隅で昏倒している。
すさまじい思考の嵐。ついに海風が怒鳴り声を上げた。
「ちょーっと待った! このままじゃ僕の部屋が壊れちまう! 続きは砦でやろう!」

続きは砦で。
最高のブレインストーミングが、始まる。

07/08|浮遊砦コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
「じゃ、持ってくるから」と言い置き、海風は海風に姿を変えてどこかへ吹き去った。

クチダケ鳥と智庵が思い出話などしていると、やがて東の海の端に、なにか黒い物体が現れた。
つばの広い山の高いソンブレラ帽のような影形。みるみるこちらに近づいて来る。
ぐるりとそびえる高い壁、ツンと突き立つ物見櫓(やぐら)。櫓のてっぺんにはためくは、穴の空いた灰色旗。
あれが浮遊砦か。波立つ海面の十数メートル上を音も無く走る。

飛んで出迎えたクチダケ鳥に、砦を押してきた風がヒュウヒュウうなる。
「お待たせー。そこにある碇(いかり)、落としてくれない?」
クチダケ鳥は上空から砦を見下ろした。
敷地のすみに、人の体ほどある大きなドラム。長々と鎖が巻かれている。
舞い降りてみると、鎖の先端に銀碇が付いている。人の手のひらほどしかない。
「ひゃ、小さ! こんな軽い碇、利くんやろか」
クチダケ鳥の疑問に、海風が応えた。
「魔法の砦を留めるんだ、重量は関係ない。僕達が留まるべき場所なら、きっちり利くはずさ」
ほなええか、とクチダケ鳥は碇をクチバシにくわえた。あたりを見回す。
小さな井戸があった。のぞき込む。底が無い。穴の向こうに、騒ぎ立つ白波。
(なーる。ここやな)
碇を投げ落とす。鎖がスルスルと碇の後を追う。パシャンという音、小さな波飛沫。風向きがふっと変じた。

井戸を離れたクチダケ鳥の耳に、ギィギィギィ、という重い音が響いた。
人型に変じた海風が、砦の外周壁の横で、何かのハンドルを勢いよく回している。
と、壁の一端が切れ、向こう側へと橋を架けるように開き始めた。跳ね橋門だ。
橋が完全に架かかったところで、向こうから智庵が渡ってきた。
「おお、良い砦ですね。簡素で見たまま、わかりやすい」
「智庵はこういう造りがええもんな。うちも、あんまりややこしのは好かんけど」
魔法の砦にもいろいろある。
理論堅固砦、婉曲屈折砦、メタネタツリ砦、虚虚実実砦・・・人の好みの数だけある。攻撃力・防御力も万別だ。
「ここの防御は外壁一枚か。相手が壁を越えてきたら厄介やで。自分の力だけが頼りや」
「常に上空にいればいい。危険そうなヤツと接触したいなら、したい者だけが降りる。砦に招くのは僕らと同じタイプに絞ったほうがいいかも」
海風が言って、「お?」と首をかしげた。
門のかたわらに人影。諸刃(もろは)の荒太刀を引っ提げ、うら若き乙女が立っていた。

乙女の名は児兎(こと)。クチダケ鳥の知人である。
獣の毛皮を身にまとい、ほっそりとした肩腕と両脚を惜しげもなく風にさらしている。
「いらっさい、蛮族の嬢さん。ようここがわかったね」
「偏屈岩窟を訪ねたらお留守でしたから。誘結印をたどって来たの」
「そか。どしたん?・・・なんぞ、やらはったな」
「こちらを見下し哂う無礼な民と遭遇しまして。ちょっと吼えちゃいました。がおーっ!
乙女の獅子吼に、櫓の木柱がビリビリ震えた。
「あ! あの雄叫び、嬢さんやったか。智庵と待ってるとき、ここまで聞こえてきたで」
児兎の紅潮する頬を、クチダケ鳥はにんまり笑う。
「んで、うちに援護を頼みに?・・・来たわけではなさそうやな」
児兎は朗らかに笑う。
「私は私で、手探りでフィールドワークしてみます。相手と戦いたいわけじゃないし。参考に、クチダケ氏の1年前のレポートをお借りしたいと伝えに来ました。それでは」
一礼し、児兎は荒太刀を振り振り、帰って行った。
見送るクチダケ鳥が、ぽつんと言った。
「身の軽い御人や。若いってええわ。せやけど、あの太刀は・・・まぁ、使うてみなわからんな」

夕闇が降りてきた。海風は夕凪を吹かせに出かけた。
智庵が、砦のあちこちに据えつけられた篝火台に火をともし歩く。

クチダケ鳥は櫓の先に飛んだ。気になっていたものがある。
「こんな旗、いやや。こっちにしよ」
ボロ旗をひっぱがし、暗闇に投げ捨てた。誘結印を取り出す。
呼び出した過去の空間から掴み出したのは、とっておきの旗。支柱の先端に結び付けた。
闇で色は見えない。しかし明日になれば、太陽が真の色を明かしてくれる。

「よっしゃ。さ! まずは、どこ行こや?」

07/06|浮遊砦コメント(6)トラックバック(1)TOP↑
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。