上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
取り急ぎ、速報。

2007年2月26日より、Y!B転載機能の仕様が変更される。

(1)デフォルトが「転載不可」に
 →記事作成者が能動的に転載を許可しないかぎり転載されない。

(2)転載はオリジナル記事からのみ。再転載はできない
 →記事が無限に拡散する危険性はほぼゼロ
 →大量転載が発生する頻度・転載量ともかなり下がる(はず)
 →転載元が常に記事作成者となり、発信元を特定できる

詳しくはこちら
2007年2月21日現在、Yahoo!Blogsトップページにお知らせが掲示されている。

機能撤廃ではないし、過去記事に表示されている転載ボタンはそのまま(※転載は一度だけできる)という難点は残っているけれど、改善内容として私の感覚では90点の合格レベル。

今夜は祝杯じゃ!




【追記:2007/2/27】
転載機能の仕様変更を確認。お知らせのとおり、デフォルト不可・再転載不可になっている。
チェックボタン切り替え時・転載ボタンクリック時に何らかのアラートが出るといった改良も期待したが実現せず。ヘルプの書き換えも不十分。
仕様変更早々、バグも発生している模様。いずれ修正されると思うが・・・

さすが大家。
(これくらいでガックリきてたら身がもたない)
スポンサーサイト
02/21|Y!B 転載機能コメント(7)トラックバック(1)TOP↑
当ブログでは、Yahoo!BLOGSに搭載されている「転載機能」の問題点をシリーズ考察しています。
連載の特徴は以下のとおりです。

(1)「機能そのものに内在している危険性」を主題に考察しています。
(2)特定のトラブル事例・関係者を名指ししての指摘・批判を控えているため、実例(転載記事内容・件数などのデータ)を照会したいかたにとっては不十分な内容となっています。
(3)2006年1月から連載開始、現在も継続中。新たな転載トラブルが発生したタイミングで記事を起こしているため、更新は不定期です。

Author:わたりとり
2005年2月にYahoo!ブログを開設。現在もYahoo!で活動中。Yahoo!Blogsサービス(以下 Y!Bと略)による理不尽なブログ強制削除措置を目の当たりにし、大家(Y!B)の膝元で大家批判を展開することは危険と判断、2005年12月、当ブログを開設した。





Y!B転載機能の危険性(※リアルに波及する重篤な危険性)について。考察の中核記事

Y!B 天災機能(2)
Y!B転載機能の仕様、転載により著作権侵害行為が拡散するケースについて。
 Key word>ユーザーが加害者・被害者になる , 侵害行為が拡散 , goo絵文字転載事件

Y!B 天災機能(3)
Y!B中核ユーザー層を推測、ユーザー特性からY!Bシステム設計の甘さを糾弾。
 Key word>中核ユーザー , ユーザーに対するリテラシーの期待値 , PL法の精神

Y!B 天災機能(4)
転載機能が引き起こしうる「違法性の高いトラブル7例」を挙げ、これらトラブルを根絶(未然防止)することが困難であることを論証。
 Key word>侵害行為の範囲と深度 , 適切な記事/不適切な記事 , ブログという「場」

Y!B 天災機能(5)
転載許可者(記事作成者)と転載者に問われる「法的責任」の量と比重について、仮説を提示。
 Key word>訴訟 , 「文責者」と「発信責任者」 , 「配信責任」 , 応分の責任

Y!B 天災機能(6)
転載機能による画像(特に素材絵)配布による、直リンク(特定サーバーへの集中負荷)問題について
 Key word>外部サーバーに直リンク , 外に輸出されたトラフィック

Y!B 天災機能(9)
いわゆる「善意の記事」を転載推奨する危険性について。
 Key word>チェーン現象 , 善意であるほど危険 , 損害賠償請求に応じる覚悟・責任

Y!B 天災機能(13)
情報コントロールの観点から、転載機能の機能的欠陥を列挙。
 Key word>技術集団 , 情報が改竄 , 相反する機能が同時に動く , クラッキング , 企業風土





Y!B転載機能の問題点について。補論記事

Y!B 天災機能(8)
転載機能の効用をむりやり考えてみた。転載許可するさいの心構えについて訓辞を垂れてみた。
 Key word>コンテンツが一人歩き , 自信作 , 自分の著作物を相手に委ねる

Y!B 天災機能(12)
転載機能が「自分で書くこと」の意義と楽しさを見失わせ、「ブログの真価」を侵食する問題について。
 Key word>「ブログとはなんぞや」という命題 , 新しき表現者 , 最初に馴染んだ環境




その他の補論記事。Y!B転載機能の効用についても考察

Y!B 天災機能(1)
連載の導入記事。Y!Bを特徴付けている各種機能について。
 Key word>ブログらしからぬ , 異端の可能性 , 転載機能は【有害な機能】

Y!B 天災機能(7)
転載機能を「クチコミのシステム」と捉え、その効用を考察。
 Key word>はてなブックマーク , 情報をpushするシステム , 志向の違い

Y!B 天災機能(10)
転載機能が撤去されない(温存される)であろう現実を踏まえ、機能改善案を提示。
 Key word>欠陥是正 , サポートする機能 , 強権発動する機能 , アホタレ大家

Y!B 天災機能(11)
「著作権の観点から転載機能をどう捉えるか」という議論を手がかりに、「転載機能をネタにした議論のありかた・楽しみ方」を考察。
 Key word>【コピーボタン】 , 法的な解釈 , オーソライズ , 議論のベクトル , 格好の素材

Y!B 天災機能(14)
記事作成者(転載許可者)と転載者に必要なこころがまえについて。
 Key word>二者間の紛争 , 水掛け論 , 原則論 , 自己弁護の道具 , 嫌がらせ目的の転載

02/20|Y!B 転載機能コメント(1)TOP↑
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。