上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Y!B転載機能に内在する危険性・問題点は数多い。そして、危険性にはレベル(危険度)がある。

私は、大量転載(無限転載)の害悪に力点を置いて連載してきた。誤情報・他人の権利を侵害する情報が拡散すれば、回復不能の被害をリアルの世界に撒き散らしかねないからだ。

そういった重篤な危険性に比べれば、転載によって記事作成者の著作権(複製権)が侵害されるの、気に喰わない相手に転載されて傷ついたのどうのという話は、たいした問題ではない。言っちゃ悪いが、記事作成者ひとりの心情の問題だ。

ということで、これまで転載許可者と転載者、二者間の紛争にまつわる問題は取り上げてこなかったのだが、連載も終盤なので、私の考えを書いておきます。


私自身が転載機能を使っていないこともあって、私のスタンスは、転載者より記事作成者に厳しい。
自分の記事を守りたい、他人に持っていかれたくないならば、最初から転載不可にしておくべきだ。自分の意志で「この記事を複製してもいいですよ」と転載ボタンを表示させたならば、誰にどういう目的で転載されるかわからないこと、記事の拡散を止めるのは困難であること、自分の記事が大量に出回れば思わぬ波紋が起きるかもしれないこと、を覚悟しなければならない。この覚悟ができないなら、転載不可にするべきだ。

また、Y!B 天災機能(11) でFD氏とトンコ氏の見解を紹介したとおり、転載ボタンを表示させるということは、法的には「私に断わりなくコピーしていいですよ(黙示の許諾)」と解釈される可能性がある(※確定ではないが、その確率は高いだろうと私は考える)。法律に詳しくなくとも、「転載ボタン=自由に転載していい」と受け止めるユーザーは少なくないと私は思う。転載者との間で揉めたとき、Y!Bが転載機能の正しい使い方を解説していない以上、互いの主張が水掛け論になることは明白だ。そんな面倒に巻き込まれたくないならば、最初から転載不可にしておくべきだ。

さて。
こう書くと、「転載ボタンを表示してるってことは、誰にどう転載されてもいいってことだろ、その覚悟があるってことだろ、法律上もそうなってるんだろ、どの記事をどう転載したって文句を言われる筋合いはないね」と言って他人の記事を好き放題転載しまくる人が出ないともかぎらないので、私は声を大にして言う。

【記事作成者】のこころがまえを述べた原則論を、【転載者】の自己弁護の道具にしないでいただきたい。

記事作成者に必要なこころがまえがあるように、転載者にだって必要なこころがまえがあると私は考える。

Y!Bには、そもそもデフォルトが「転載可」であることすら知らない、転載ボタンの存在を気に留めていないユーザーが多い。転載ボタンの役割は知っていても、そこに潜む危険性までは知らないというユーザーはさらに多い。というより、転載機能の問題点を熟知しているユーザーのほうが稀だ。
また、転載機能の問題点を知っているユーザーであっても、知らなかったころ書いた過去記事が転載可のまま残っていることもある。
記事の下に転載ボタンが出ていても、「転載していいですよ」という意思表示とはかぎらない。本人の意思と食い違う意思表示は、法律上も無効とされることがある(※必ず無効となるわけではない。紛争の道具にされるのは不本意なので法文の照会は控える)。
転載条件を示していない記事については、転載してよいかどうか、記事作成者に確認することが原則だと私は思う。

次に、記事中で転載の条件が示されている場合。当然ながら、転載者は条件を守らなければならない。記事作成者の意思は転載ボタンではなく「条件文」のほうに託されている。転載ボタンはただの【コピーボタン】に過ぎない。著作者が、自分の意思で、転載ボタンをそう位置づけたということだ。
ひとつ転載者寄りの意見を言えば、記事作成者は「転載の条件」をわかりやすく示すよう配慮すべきだが。転載者が見落としたり誤解したりしないよう、条件文はわかりやすい文章で、わかりやすい場所に配置する。この努力を怠った記事が、条件から外れた転載をされることは、私はしかたがないと思う。不可抗力だ。


私のべきべき論は、四角四面のお説教に見えるだろうか。融通のきかない理想論に見えるだろうか。
(まあ、そうだろう)
ただ、こう思う。法律を知らなくとも、こんな堅苦しい言葉を使わなくとも、大多数の転載者は転載機能を問題なく使っている。私が述べたことを軽々と安々と実行している。記事作成者への敬意と配慮、一言の挨拶、そういった「心づかい」をもって、円滑にコミュニケーションしている。私が述べたことは難しいことではない、当たり前のことなのだ。

そしてまた、繰り返される「嫌がらせ目的の転載」を見て、こう思う。
転載者もまたブロガーなのだ。転載記事であろうとも、自分のブログで「新しい記事」を発信することに変わりはない。記事作成者に文責と発信責任が問われることと等しく、転載者には「その記事をなんの目的で転載したのか、転載によって発生する影響をどう考えたのか、転載によって生じた被害があればどう責任を取るのか」が問われる。
転載した記事がなんらかの負の現象を引き起こしたり、まして誰かを傷つけたということがわかったなら、速やかに誠実に対処するべきだ。「転載ボタンがあったから転載しただけ」などという言い訳はあまりに幼稚だ。まして、転載機能の問題点を考察した記事群から都合の良い解釈を切り取って自己弁護の道具に使うなど、見苦しいこと甚だしい。

自分の意思で、転載したのだろう。自分の意思で、記事作成者の想いを無視し続けているのだろう。
ならばその理由を、自分の思いと考えを、自分の言葉で書くがいい。もし「自分の転載は正当な行為だ、嫌がらせ目的ではない」というなら、なおさらだ。ブロガーなら、それっくらいは、マジやるべきなんじゃねーの?
スポンサーサイト
01/27|Y!B 転載機能コメント(4)トラックバック(2)TOP↑
今回は、Y!B転載機能の欠陥を情報コントロールの観点から再検証する。

Y!B転載機能が二年間まったく改善されない様子を見て、最近こう思い始めた。
ひょっとしてこれは、インターネット界に新しい機運を起こすべしという大家(Y!B)のチャレンジング・スピリッツの表れか。あらゆる人が好き勝手な情報をやりたい放題広める時代の幕開けなのだーという、鼻息荒い意思表明だろうか。大家の元締め大元締めは、たまに無用に大胆な勇み足をやってけつかるので、まったくありえない話でもない。

それにしても、百歩譲って仮にそうだったとしても、転載機能はあまりにもお粗末すぎる。
記事作成者の著作権うんぬん、記事がチェーン化することによる不法行為の拡散がうんぬん、という話しは横に置く。もっと低次元の話だ。「本当にあの技術集団Yahoo!がリリースしたのか?」と言いたくなる欠陥が、Y!B転載機能にはある。以下、簡単に列記する。




(1)そもそも「デフォルト(転載)可」である時点で、システムとして不良

ラジオボタンを配置するならば、よりユーザーを保護する効用のある(=リスクの少ない)選択肢が「デフォルトON」であるべき。




(2)転載時に【記事作成者】【記事発信日時】情報が改竄される

Y!B記事を転載すると、記事の右下に「転載元」が表示&リンクされる。記事作成者のブログではなく、転載ボタンを押したブログ(直前の転載元)の表示&リンクだ。つまり、二次転載以降、記事作成者情報が記事から欠落してしまう。さらに、記事右上に表示されている「発信日時」は「転載した日時」に書き換わる。
ひらたくいえば、転載された記事は、誰がいつ発信した情報かわからない。というより、別人が違う日時に発信した情報にしか見えない。
情報を扱ううえで重要なメタデータ「作成者」「発信日時」が転載のたびに改竄されている、ということだ。




(3)閲覧を制限している記事であっても、完全公開スペースに転載できる

Y!Bには、特定の人だけに向けて記事を発信する機能がある。自ブログを「お気に入り登録」してくれたY!Bブロガー(「ファン」と呼ぶ)に限定して記事を公開できる。(参照ヘルプ
この機能、オーナー側には「ファン」登録を承認する権限がない。Y!Bブロガーなら誰でも、「お気に入り登録」さえすればすぐに、狙ったブログの限定記事を読むことができる(オーナーは不穏なファンを削除することはできるが、どうしても時間差がでる)。情報保護の観点からは不完全な機能だと言える。悪意で、または興味本位で、ファン限定記事を片っ端から閲覧して回るユーザーがいないとも限らないのだから。
さらに、ファン限定記事であっても「転載可」であれば転載できてしまう。転載先から再転載され、情報が拡散し続ける危険性もある。
「情報の発信対象を制限する機能(ファン限定機能)」と「情報を無制限に発信する機能(転載機能)」、相反する機能が同時に動いているわけで、システムとして設計不足・検証不足としか言いようがない。
【参考記事】
それはYahoo!ブログの脆弱性じゃないですか(Mugi2.0.1)
危険なのは転載機能だけじゃない(+LOVE2.0+)




(4)記事作成者が転載先の情報を改竄することができる

これはユーザーによって発見された(Y!Bが想定しえなかったであろう)欠陥なのだが。
画像を添付した記事・imgタグで画像を表示させた記事を転載させた後、記事作成者が「ある手順」を踏むと、全ての転載先の画像を一括差し替えることができる。手順についてはここでは照会しないが、その気になればいくらでも悪用できる、とだけ述べておく。私はまだ実例を見ていないが、同様の手順でFlashなどの動画ファイルを差し替えることも可能だろう。
(※動画ファイルを表示するタグはY!B非公認。しかしブログペットなどの設置に広く使われている)
他者の領域にあるデータを改竄することは、クラッキングと呼ばれても仕方のない問題行為だが、ここでは、配信した情報を後から修正することそのものを「悪質な行為だ」と即断することは控える。修正に至ったさまざまな理由・事情があるだろうから。だが、非常識だとは思う。常識的に許される範囲は、せいぜい、記事作成者が元ファイルを削除する(データを欠損させる)ところまでだろう。
さらに、「安全な情報」と見せかけ転載者を安心させて配信した後、転載先の閲覧者を混乱させたり、転載者の名誉を傷つけるような内容にデータを改竄する行為については、許されるものではないと私は考える。どのような事情があっても、そのような改竄行為は悪質かつ違法性の高い行為だと考える。

二次転載(無限転載)が可能なY!B転載機能には、旧い情報が増殖蔓延してゆくという問題点がある。
(※これは転載機能の「欠陥」ではない。「情報の孫コピーを許す」行為全般に本質的に内在している問題であって、手動コピペによる連続転載でも発生する現象)
この問題を解決しようと、あらかじめ記事に「テキストのスクリーンショット画像」を埋め込んで転載させ、「画像」を差し替えることで最新情報を通知しようとした事例を私は見た。記事作成者の心情はわかるが、やはりこの手法には賛成できない。転載先に最新情報を知らせたいなら、更新通知用の記事(当然、転載不可設定に)をあらかじめ作成し、本記事(転載許可記事)文末からリンクしておいて閲覧者を誘導する手法をお薦めする。




私は仕事がら「情報をどうコントロールするか・マネジメントするか」という視点で転載機能を見ているが、システム技術や用語には詳しくない。この記事の記述は、本職のかたから見れば不適切な部分があるかもしれない。専門のかたから見て、重大な錯誤・看過できない点があればご指摘いただきたい。

しかし、専門外でも、書かざるをえなかった。
著作権の観点・ユーザー保護の観点からいくら抗議しても、Y!Bは利用規約とガイドラインを盾に「全てユーザーの自己責任」とタカをくくって動かないかもしれない、と私は感じ始めている。もしそうならば、もう、こう言って攻めるしかない。

こんな欠陥システムを、ユーザーのたび重なる要望を無視して二年も放置し、さらに今後も放置し続けるのがY!Bの力量なのか。それは、元締めであるYahoo!が提供するあらゆるネットサービスには、重大な欠陥が潜み、検証されないまま放置されている可能性がある、ということではないのか。

組織とは複雑なものだ。巨大企業ならば、なおさらに。一セクションのサービス不良を見て全体の品質を判定することなどできない。それはわかっている。
しかし、企業が顧客・ユーザーとどう向き合っているか、何を重んじ何を軽んじているか、どういった弱点を抱えているかは、一部を見て全体を推し量ることができると私は思う。それは個別の現象ではなく、企業風土から発する根源的な問題だからだ。
01/22|Y!B 転載機能コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
2007年が明けました。

さて。年内に、転載機能が撤去され天災連載を打ち切らざるをえない僥倖は訪れるのか。あの大家のことだから期待は極薄。耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び「なぜそこまでY!Bにこだわるのかわからない」と読者様に呟かれつつ、私は今年も連載を続けます。

年も明けましたし。めでたいので、一部読者様のごもっともな疑問について、私も考えてみました。
「なぜそこまでY!Bにこだわるのか」
うーん。うーーん。うーーーん。なんでやろ。

そうだな。やっぱりY!Bの特殊性に後ろ髪引かれるからかな。ブログとはこうあるべし思想を持っていない私にとって、Y!Bはけっこうおもろいし便利なサービスですよ。

一番の利点は、WebSiteがわりに利用できること。

Y!Bでは、指定した記事をトップページに固定することができる。
この機能、私にはとてもありがたい。私にとってメイン・ブログはまず【作品(創作)】を置く器です。トップページは【作品】を読みに来た初見者のために作ってある。常連読者様はサイドバーにある「最新記事一覧」からのワンクリックの手間など惜しまないでくださるだろうし(たぶん)、最近はRSS利用者が増えたし(たぶん)、リンクやSBMから飛んでくるROM者はもともと目当ての記事に直行しているのだから、これで問題ないかと。

自前でサイトを作るどころかCSSを学んでイジる[スキル][時間][センス][根気]すべて無い私に、Y!Bのあのヘンな機能はちょうどいい。むしろあれがもっと進化して、WebLogとWebSiteを本格的に折衷させたサービスが出たらいいのに、と本気で思う。Y!Bから取るべき良点だけ取って、
◆カテゴリーごとに豊富なスキンが切り替わるとか、
◆指定したカテゴリー・指定した記事群の昇順リストを自動生成し、別ウィンドウで開いてツリー表示してくれるとか(サイトマップ作成支援になる)
◆Flash・音源ファイルなどもアップロードできるとか、
そういった機能も付いていつでもサクサク動いて理不尽な強制削除などありえない優良サービスがあったら、たとえ有料でも私はすぐ引っ越します。どなたか始めてくださいませんか。

二番目の利点は、「ファン限定」機能で閲覧をゆるやかにコントロールできること。

Y!Bにはmixiの「マイミク」に似た機能があって、お気に入り登録したY!Bブロガーは、登録先ブログの「ファン」となり、オーナーがファン限定で公開した記事を閲覧することができる。

この機能には穴がある。Y!Bでブログを開設しお気に入り登録すれば「ファン」になる、ということで、オーナー側にはファン登録状況を厳密にコントロールする権限は無い(ファン登録を削除することはできるが、どうしても時間差は出る)。mixiなどのSNSに見られる「申請→承認」制度と比べれば、Y!Bのファン機能は不完全と言える。
また、この機能を使って、自分のプライベート写真やいわゆるアッチ系の画像を挙げ集客するブロガーや、批判が集中した問題記事を隠して嵐が通り過ぎるのを待つブロガーの存在のほうがどうしても目に付くので、Y!Bファン機能は黒々とした姑息な印象で語られることが多い。

が、私は最近、「いや、これってけっこうイイ機能かも」と思うようになった。

SNSのような厳密な承認権限を持っていると、オーナーはファン登録されるたびに「ファン申請を承認するかしないか」という選択を迫られる。これはけっこうなストレスだ。「お気に入り登録するならどうぞご自由に~どうもありがとね~礼はしないよ~」くらいのゆるーいノリの機能があってもいいと思う。

また、ブログで記事を公開した時点で、誰からどう見られてもどこからリンク貼られても覚悟すべしとわかっちゃいても、たまには、しごくナイーブな記事というか誤解を恐れまくる記事というか「これまでの経緯を知っている読者相手でなければ怖くて公開できない、しかし外に向かって表現したい」という記事を、書きたい人もいるだろう。この比重があまり高くなりすぎるならば、あの罵詈名言「SNSに逝け」をこの私だって口に出したくなりますが、たまにそういう「繊細な表現意欲」が起きることは仕方がないし、あっていいんじゃないでしょうか。
普段は完全公開で記事を書いているオーナーが、まれに、心情的な理由で「ファン限定」で書く記事は、繊細で味わい深いものです。どうしても閲覧を制限せざるを得なかった理由くらい、読めばわかる。かくいう私も、このあいだ初めて、ファン限定でひとつ書いた(いったん通常公開し、三日ほどおいてファン限定に切り替えた)。
いつどこからリンクされるかと怯えることなく、記事を半公開の状態で温存しておける。これは、常に全世界を相手に叫ぶだけのタフさがまだ備わっていない表現者にとっては、とてもありがたい機能だと私は思う。(※追記参照)


まあ、そんなわけで、私はまだ当分 Y!Bにいる予定です。
出るなら、ドアホタレ大家に屁くらいかましてから出たるわ! という妙な意地もあるけどね。
01/04|付記コメント(14)トラックバック(0)TOP↑
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。