上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
転載機能が引き起こすトラブルがどんなものか、考察してみる。

手始めに思いつくのは、(1)著作権侵害にまつわるトラブルだ。実際にY!B内で頻発しているし、Y!Bの相当数のブロガーを巻き込んで議論が起きた。
しかしこれは問題の1パターンに過ぎない。記事が無限転載されることで、訴訟・損害賠償問題に発展しかねないケースは、他にもある。

私は、以下のような記事が無限転載されたときも、goo絵文字転載事件に匹敵する(もしくはそれ以上の)深刻な事態になると予測している。

【肖像権の侵害】
(2)一般人の写真を掲載した記事
(3)著名人/芸能人の写真等を掲載した記事
【プライバシーの侵害】
(4)個人の私生活を暴露した記事
【名誉毀損行為】
(5)事実を挙げ、特定の個人・企業・団体の名誉を傷つける内容の記事
【侮辱行為】
(6)事実を示さずに、特定の個人の人格を侮辱・蔑視する内容の記事
【風評被害】
(7)事実無根の噂(いわゆる流言・デマ)により、特定の企業・業界などの経済活動に深刻なダメージを与える記事

(1)~(6)については、刑事事件として不法行為として訴訟・損害賠償請求を起こされうる。(7)の行為を罰する法律はないが、ターゲットにされた企業・業界は甚大な経済的損失をこうむるわけで、震源地(最初の発信元)が特定されれば損害賠償を請求される可能性は高いだろう。

これらの記事は、転載されなくとも問題含みの記事だ。そういう意味で「転載以前の問題、書き手の資質の問題」と考えるかたもいらしゃるだろうが、私は意見を異にする。

確かに、記事そのものに問題はある。しかし、記事がたかが個人ブロガーの一過去ログにすぎない状況と、無限転載され広く流布され続ける状況とでは、侵害行為の範囲と深度がまったく違う。
加害者・被害者が1:1の関係ならば、被害者がまあまあと笑って見過ごすか、目くじら立てても「記事訂正&謝罪記事の掲載」を要求し事態の収拾をはかろうとするだろう。しかし無限転載となったらそれでは収まらない。
私が転載機能を徹底的に厭う理由は、そこだ。転載機能は、当事者同士で交渉し解決することができない回復不能の被害を撒き散らす。悪意の無いワンクリックが、甚大な被害を産む。だからだ。

(1)~(7)にあたる不適切な記事を撲滅しよう、こういう記事を初心者が書かないよう啓蒙しよう、そうすれば転載機能は温存できると主張するかたもいらっしゃるだろうが、私は意見を異にする。

適切な記事/不適切な記事を、どこで切り分けるのか。誰が判断するのか。見極めは困難だ。
著作権ひとつとっても、可とも不可ともつかないグレーゾーンが幅広くある。肖像権を気にしすぎれば家族旅行の写真ひとつ載せられない、となるし、プライバシーの侵害を危ぶめば子供の成長記録をログすることも不可、となる。名誉毀損問題にいたっては、さらに難しい。「○○のサービスはなってない、あんな会社はそのうちダメになる」と書いただけで、名誉毀損になる可能性があるのだ。記事の影響力しだいでは。

私が書いているこの記事も、Yahoo!の名誉を傷つける内容だ。「公益(公共の利益)のために」という目的性をもって、さらに記事の内容が真実であると証明できるから(具体的には、goo絵文字事件や転載機能の問題点を糾弾する多数のブロガーの記事の所在を掴んでいるから)書けるのであって、やみくもに「転載機能撤去!Yahooのアホー!」と叫んだらば、Yahoo!から訴えられるかもしれない。
さらにいえば、今現在 Y!Bで活動し「ユーザーとして我慢ならンのじゃ! 文句言わせろ! ガゥガゥ!」という子供じみた書き方だから、まだ愛嬌ですんでいるのであって、これ以上理詰めで書くとヤバイだろうと私は踏んでいる(内心はビクビクの綱渡りの心境です)。

ある記事がセーフか、アウトか、判断は非常に難しい。ある要件を満たせばOK、これが欠けたらNG、などと簡単に片付けられるものではない。なぜなら判断するのは「人」だから。記事の文言、記事が書かれた背景、書き手のキャラクター、なにより記事の影響力(=閲覧者数)で総合的に判断されるものだから。
記事が単体で読まれることはあっても、単体で断罪されるべきではないと、私は考えている。ブログ全体の構成・過去記事とのつながり・ブロガーの個性・ブログの知名度とあわせて判断されるべきだ。だからこそ、記事はブログという「場」の内に留まるべきだ。この点を忘れてはならないと思う。

転載機能とは、記事をブログという「場」から切り離し、誰も責任を負えない状態に置いて無限量産する機能だ。絶対に不要だ。私は何度でも、そう主張する。
スポンサーサイト
01/29|Y!B 転載機能コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
Y!Bのユーザー層は、どのような構成なのだろう?

私は一ユーザーに過ぎない。目が届く範囲はごく狭い。Y!Bが抱える数十万のアクティブユーザー層分析など、私にはできない。
しかし、こういう感触はある。Y!Bユーザーには、【若年層(10代・20代)】【学生・主婦など社会経験に乏しい層】【ネット初心者、もっといえばパソコン初心者達】が、多いのではないか?
「やっていいことと悪いこと」の区別が付かない、リテラシーが低い、低くて当たり前の背景を持ったユーザーが相当数いる、ひょっとしたら彼らこそが中核ユーザーではないか?
前記事で書いたgoo絵文字転載事件を眺めていると、そうとしか思えない。(偏った見方であることは自覚しているが)。

私は、初心者のリテラシーが低いことを恥だとも罪だとも思わない。少なくとも「重大な過失だ」「悪質な行為だ」と責めたてられ損害賠償を迫られるほどの咎だとは思わない。勉強しないヤツが痛い目にあうんじゃ、などと高みに構えるつもりもない(ただし、自己防衛のために勉強は必要です)。

ブログというツールを得て、誰でもネットで発信できる環境が整った今、サービス提供側がユーザーに対するリテラシーの期待値を下げるべきだと考えている。ユーザーのリテラシーの低さを補い、ユーザーが危険を冒さないよう、最大限の配慮を商品の機能とデザインに盛り込むべきだと思っている。
転載機能などもってのほか。こんな爆弾を全ての記事に標準装備させて、いったいどういうつもりなんじゃい。アホか、Y!Bよ。

企業がユーザー特性を把握し、ユーザーの行動パターンを予測し、商品を設計することは、常識だ。
モノ創りの企業ならば、ユーザーが自社の製品をどう使うか考え、「想定外の事態」が起きないようあらゆる可能性を検証して設計している。素材を選び、形状を整え、取説・注意書きの文言と表示場所に細心の注意を払う。(玩具メーカーが代表例だろう)。
PL法(製造物責任法)の精神に鑑みれば、企業に消費者の安全を守る義務があることは明白だ。(※注記1)
参照:http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/seizoubutsu/pl-j.html
 (↑ページ下の「Q&A」がわかりやすい)

私は憶測することしかできないが、Y!Bはユーザーの年齢層・性別傾向・ライフスタイル(職業)分布を、かなり正確に把握しているはずである。あんなデカイ企業がマーケティングしていないはずがない。(していないなら、Yahoo!にとってブログ部門は立て捨て部門だということだ)
リテラシーが低いと充分予測できるユーザー層を抱え、それを把握しながら、Y!Bは彼らに転載機能を使わせ続けているのだ。しかも、デフォルト「可」で!。もう一回言ってやるわい。アホか、Y!Bよ。

ましてY!Bは、ターゲットを若年層・主婦層・ネット初心者に据えている。私はそう睨んでいる。(違うというなら、他のどの層を狙っているのか釈明してみれ、と言いたい)
あの「難しくないよ、簡単だよ、さあみんなでやってみよ~」と謳うお気楽過ぎる開設ページ(カット絵・ポップ体ぽいフォントを見ても若年層・女性をターゲットにしているとわかる)、「いらんこと考えるな、書きたいことだけ書いてほれ、投稿ボタンを押せ!ポン!」と背中を押すシンプル伊豆ベストなあの記事投稿フォーム、「あんたたちほんとにヘルプなんか読むの?読んでわかるの?Y!Bなんてヘルプが要るほど難しく作ってないわよ、ふっ」とばかりに投げやりなあのヘルプ、どこをどう見ても、【ブログ初心者】以前に【ネット初心者・パソコン初心者】を想定しているとしか私には思えないんだよ。なのに転載機能ってどういうことよ。何度でも言ってやるよ。アホか、Y!Bよ。


・・・い、怒りまくってたら疲れた(ゼイゼイ)

ともかく、今回、私が言いたいのは(まだ言うか)、こういうこと。
Y!Bは、自らが狙った顧客を開拓し、捕まえた。企画は成功したのだ。
だからこそ、顧客特性にそぐわない転載機能を搭載した責任は重い。「想定外」という言い訳は立たない。想定しろや、それくらい。あんたらが狙ったユーザー層に転載機能を持たせたら、遠からず暴走することくらい、たかが一ユーザーの私ですら予見可能なんだからさ。
頼むよ、ほんとに(ゼイゼイ)。


(※注記1)
サービス(役務提供)・ソフトウェアはPL法適用の対象外。よって転載機能の欠陥をPL法に掛けて訴えることはできない。が、PL法の「精神」をもってY!Bの道義的責任を問うことは可能、と私は考えている。この件は別途、記事を起こす予定。
01/27|Y!B 転載機能コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
YAHOO!BLOGS(以降、Y!Bと略)の天災、もとい転載機能を簡単に説明する。

(1)記事作成時、デフォルトは「転載可」にチェックが入っている。
(2)そのまま記事を作成すると、記事の右下に転載ボタンが出現
(3)Y!Bブロガーが転載ボタンを押す。記事を自ブログのどの書庫(カテゴリーのこと)に転載するかを選択する。
(4)記事が転載される。コメント/トラックバックとも受け付けられる状態。転載元がリンク表示される。記事の下にまた転載ボタンが出現。
(5)Y!Bブロガーが転載された記事の転載ボタンを押す・・・以下(3)(4)の繰り返し。ただし、転載元として、ひとつ前のブログ名がリンク表示される

要するに、
◆「転載」の危険性を意識していないユーザーの記事を、(1)(2)
◆Y!Bブロガーであれば誰でも、無断で転載でき、(2)(3)
◆さらに転載の転載(無限転載)が可能で、(4)(5)
◆しかも二次転載以降、文責者が誰かわからなくなる(5)
という、もう、アホかとしか言いようがない機能だ。

転載機能の不備の詳細について、今ここで詳しくは述べない。
不備を書き並べると、「不備が改善されれば使用できる」という議論が始まるからだ。
私は、転載機能そのものが危険、完全撤去、と考えているので、細かい枝葉の話は割愛する。


転載によってユーザーが加害者・被害者になる代表的なケースは、著作権侵害にまつわるトラブルだ。

【1】一次転載によって、Y!Bブロガーの著作権を侵害するケース
Y!Bブロガーが作成したオリジナル記事(テキスト・画像ファイル等)を、他ブロガーが無断で転載するケース。不注意の場合と、悪意に基づく場合がある。
このトラブルを避けるため、「転載前にコメントで許可を」「転載した記事は元記事にトラックバックを」という<ルール・マナーの徹底>で解決しようとする主張もある(悪意の転載者には無意味な主張なのだが)。

このケースは、当事者にとっては深刻だと思うが、まあいわば内輪の揉め事だ(失礼ながら)。サービス運営者が規約で謳う「ユーザー間のトラブルは当事者間で解決が原則」から一歩も出ない領域で、実は私は、このケースには興味が無い(失礼ながら)。

本当に怖いのは、ここからだ。

【2】著作権侵害を犯している記事が無限転載されることによって、侵害行為が拡散するケース
元記事じたいが著作権を侵害しており、さらに記事作成者が無邪気(無自覚)に「自由に転載してくださいね♪」とか浮かれて宣言してしまい、悪意のない転載が爆発的に広がるケース。
Y!Bでは過去、アイコン等の素材ファイルの無限転載(無断再頒布行為。当然、悪質な侵害行為)が起きている。また、素材配布元へ直リンクした記事が無限転載される可能性もある。(ファイル添付と直リンクでは素材の置き場所が異なり、厳密には侵害の内容が違うのだが、問題の本質は同じなので同ケースとして扱う)
前出の【1】が再転載された場合も、侵害行為が拡散するという点でこちらに入れる。

Y!B内で、転載機能の危険性について議論が起きたのは、この現象がきっかけだ。悪意の無いユーザーが多数巻き込まれるという点で、【1】とは一線を画する。顕著なケースは、goo絵文字転載事件だろう。
gooブログサービスがユーザーに提供している絵文字(アイコン)が、Y!B内で転載機能を使って爆発的に広がったという事件。goo側から違法性を指摘され、これを警告したあるY!Bブロガーの記事が(これまた転載で)広がり、事態は収拾した。この事件は、Y!B転載トラブルの特性を如実に現している。

私がここで注目しているのは、ユーザーの質ではなく、層だ。
この件、おそらく、違法だと当事者(goo)が見解を示さないかぎり、無限転載はさらに長期間に及んだろう。Y!B一部ユーザーのリテラシー<ネットリテラシー・情報リテラシー・権利問題に関するリテラシー等>は、それくらい低い。
 ※私はこの件に関わったブロガーを馬鹿にしているのではない、現実を述べている
逆に、一罰百戒寸前の警告が出たとき、事態は劇的に収束した。これは何を意味しているのか。

ユーザーの質が悪いのではない(と思いたい)、リテラシーが低くて当たり前の【ある特徴を備えたグループ】がY!Bの中に相当数いる、ということだ。
私は、彼らをY!Bユーザーの代表層として捉えるべきであると考えている。

※長くなるので、いったんここで記事を分割します。
01/27|Y!B 転載機能コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
YAHOO!BLOGS(以降、Y!Bと略)には、ブログらしからぬ機能がアレコレ付いている。

私が「うっとおしい、とっぱらえ」と思っている機能は、
◆IDの下に表示される★(星)マーク機能
【説明】
コメント数、被トラックバック数、傑作ボタン押され数、転載ボタン押され数などをポイント換算し、ポイントが溜まると黄色く輝くマーク。Y!Bサービス開設当初は、訪問者数もカウントされていたっぽい(全記事コメント/TB不可だった私のブログで、1個★がついたから)。
【うっとおしい理由】
「あとどれくらいでレベルアップするんだろ~ → Y!Bに算定基準を聞いてみよ~(カスタマーへメール) → (メール回答受信)こんなテンプレ回答じゃわからんわボケ! → 聞いてよ~Y!Bの態度ってヒドイいんだよ~(記事アップ+コメントチャット)」という虚しい現象がわらわらと勃発するから。というか、「小さな喜びと自己成長」を希求する現代人の深層心理を逆手に取った、おっとろしい罠だから。

◆ランダムブログ機能
【説明】
テンプレートの最上段に常時表示されるボタン。押すとY!B内の別ブログへ、ランダムで飛ばされる。カテゴリーも話題もタイトルすらわからない記事へ飛ばされる、闇鍋ガラポン機能。
【うっとおしい理由】
私の記事が候補になると、普段の十倍強の訪問者が来る。来るのだが。全員失望して即バックしていることをヒシヒシと感じ、私はいたたまれない。ただでさえ動作が重いのになんでこんな機能を付けるのか、Y!Bがやるべきタスクをずらっと並べて優先順位を付けたら「激重トラフィックの根本解決」がアタマで「ランダム機能追加」なんざケツじゃねえのか、ケツの機能を最重要課題よりなんで優先するんじゃ、マルチタスクならともかくシングルタスクでしか動けないくせに、やるべきこととやりたいことを逆さまにするんじゃねえョくどくどくど・・・と私が小一時間、説教たれたくなってしまうから。

Y!Bで「ブログらしからぬ」「問題あり」と疑問を投げかけられている機能は、他にも多々ある。
・訪問者のIDを公衆の面前に晒す訪問者履歴機能(閲覧者のユーザー情報がダダ漏れる)
・ファン登録したY!Bユーザーだけが読めるファン限定書庫機能(閉塞的な環境を作ることは否めない)
・トラックバックとコメントを一体化した「可・不可」ボタン(個別の設定ができない)
・システムバグで丸見えになることがある内緒コメント機能(内緒の意味ない)
・なにしろショボいテンプレート(記事表示枠のサイズ・背景は、全テンプレ共通)
・ユーザーによるカスタマイズ性が限りなくゼロ(リファラすら設置できない)

他にもあるある。あるが、私は「なんてイタいサービスなんだ」と言いたいわけではない。

Y!Bは最後発でリリースされた。これまでの「ブログ」の常識から逸脱した仕様、ということは、Y!Bは【先発サービスが想定しなかったユーザー層】を開拓しようとした、と言える。これは評価されるべき優れた企画だ。機能スペックの高低で既存サービスと競合するより、はるかに賢明だし、ポジティブな発想だと思う(単にショボイ機能は別だが。特殊な機能は評価できる)。
結果、これまでの「ブログ界」から見れば異端児のサービス・異端児のユーザーが生まれたとしても、私は構わないと思う。SNS的なブログサービスがあってもいいし、Webサイト的に利用できるブログサービスがあってもいい(※Y!BはTOP画面に固定ページを据えることができるし、INDEX的に記事リストを表示することができる。Webサイト的なブログ構築を想定したのではないか?というのが、私の感触)
「軽なんて自動車じゃない」と泰然と構えていた某自動車メーカーが、拡大し続けるコンパクト・カー需要を無視できなくなり、どこぞの他メーカーを買収するところまで企業戦略変更を迫られた。「あんなものは」と馬鹿にされた新しいモデルが確実に消費者のニーズを掴み、市場全体を拡大・活性化させることは、ままある。消費者としても喜ばしいことだと思う。
私は「異端児は可能性を秘めている」と考える人間なので、そういう意味で、Y!Bサービスのとんでもなさを楽しんでいる。

ただし。
絶対に不要だ、断固撤去だ、と考えている機能が、ひとつある。

【転載機能】だ。

なぜか。この機能の問題点を挙げればきりがないが、私が糾弾したい動機は、一点だけだ。
この機能が、ユーザーを傷つけるからだ。
ユーザーが無自覚のまま、権利侵害行為に手を染めてしまいかねない機能だからだ。ユーザーが訴訟・損害賠償問題に巻き込まれる可能性が極めて高い。リテラシーの低い若年層は、特に危険だ。【不要な機能】ではない、【有害な機能】だからだ。

顧客に価値を提供し、評価され、そして発展していくべき企業が、
顧客を危険に晒し、さらにその危険性を指摘する顧客の多数の声を無視し続けることなど、私は絶対に許せない。
ユーザーとして、顧客として、なにより一企業人として。

01/25|Y!B 転載機能コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
前回の記事「さてと」に御投票いただき有難うございました。
てめぇのブログの進退を人任せにしたふざけた記事にもかかわらず、暖かいお言葉を頂戴し、たいへん有り難く思っております

投票結果は・・・見事にバラけました(笑)

で、今後の予定ですが、
いったん今までのスタイルにピリオドを打ちます。
楽しみにしてくださっていたかた、誠に申し訳ありません。

今後の更新は、完全不定期になります。
このまま放置、更新停止となるかもしれません。
メインブログに余裕があるとき、ひっそり書くかもしれませんが・・・可能性は高くはありません。
今まで読んでくださった皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

ではでは。
01/04|付記コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
更新忘れてました。

このまま人知れず消えてしまおう けけけ、
・・・と思っていたのですが、
メンバーの御一人かみやん様からまさからコメントをいただき、
動揺しております(どどどどうしよう)

時間配分がかなり厳しいのですが、
書きたいというのが正直なところです。

以下のどれを採るか、迷い中。
気が乗ったかたは番号で、秘密(管理者だけに表示を許可する・・・コメント投稿欄一番下にチェック)で投票していただけると嬉しいです。
(「回答結果が表示されている場合、後行者の回答は先行者の回答に吸い寄せられる」というアンケートマジックを回避するため秘密投票とします。けけけ)

【選択肢】
1>1回/年の更新でもいいから、物語&Y!批判続行
2>1回/月の更新でもいいから、Y!批判続行
(※軸となる物語が無いので、精細を欠く可能性大)
3>無理しなくていい、やめておきなはれ

私としてはどれでもいいです(適当すぎでしょうか)
01/01|付記コメント(0)TOP↑
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。