上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
2007年が明けました。

さて。年内に、転載機能が撤去され天災連載を打ち切らざるをえない僥倖は訪れるのか。あの大家のことだから期待は極薄。耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び「なぜそこまでY!Bにこだわるのかわからない」と読者様に呟かれつつ、私は今年も連載を続けます。

年も明けましたし。めでたいので、一部読者様のごもっともな疑問について、私も考えてみました。
「なぜそこまでY!Bにこだわるのか」
うーん。うーーん。うーーーん。なんでやろ。

そうだな。やっぱりY!Bの特殊性に後ろ髪引かれるからかな。ブログとはこうあるべし思想を持っていない私にとって、Y!Bはけっこうおもろいし便利なサービスですよ。

一番の利点は、WebSiteがわりに利用できること。

Y!Bでは、指定した記事をトップページに固定することができる。
この機能、私にはとてもありがたい。私にとってメイン・ブログはまず【作品(創作)】を置く器です。トップページは【作品】を読みに来た初見者のために作ってある。常連読者様はサイドバーにある「最新記事一覧」からのワンクリックの手間など惜しまないでくださるだろうし(たぶん)、最近はRSS利用者が増えたし(たぶん)、リンクやSBMから飛んでくるROM者はもともと目当ての記事に直行しているのだから、これで問題ないかと。

自前でサイトを作るどころかCSSを学んでイジる[スキル][時間][センス][根気]すべて無い私に、Y!Bのあのヘンな機能はちょうどいい。むしろあれがもっと進化して、WebLogとWebSiteを本格的に折衷させたサービスが出たらいいのに、と本気で思う。Y!Bから取るべき良点だけ取って、
◆カテゴリーごとに豊富なスキンが切り替わるとか、
◆指定したカテゴリー・指定した記事群の昇順リストを自動生成し、別ウィンドウで開いてツリー表示してくれるとか(サイトマップ作成支援になる)
◆Flash・音源ファイルなどもアップロードできるとか、
そういった機能も付いていつでもサクサク動いて理不尽な強制削除などありえない優良サービスがあったら、たとえ有料でも私はすぐ引っ越します。どなたか始めてくださいませんか。

二番目の利点は、「ファン限定」機能で閲覧をゆるやかにコントロールできること。

Y!Bにはmixiの「マイミク」に似た機能があって、お気に入り登録したY!Bブロガーは、登録先ブログの「ファン」となり、オーナーがファン限定で公開した記事を閲覧することができる。

この機能には穴がある。Y!Bでブログを開設しお気に入り登録すれば「ファン」になる、ということで、オーナー側にはファン登録状況を厳密にコントロールする権限は無い(ファン登録を削除することはできるが、どうしても時間差は出る)。mixiなどのSNSに見られる「申請→承認」制度と比べれば、Y!Bのファン機能は不完全と言える。
また、この機能を使って、自分のプライベート写真やいわゆるアッチ系の画像を挙げ集客するブロガーや、批判が集中した問題記事を隠して嵐が通り過ぎるのを待つブロガーの存在のほうがどうしても目に付くので、Y!Bファン機能は黒々とした姑息な印象で語られることが多い。

が、私は最近、「いや、これってけっこうイイ機能かも」と思うようになった。

SNSのような厳密な承認権限を持っていると、オーナーはファン登録されるたびに「ファン申請を承認するかしないか」という選択を迫られる。これはけっこうなストレスだ。「お気に入り登録するならどうぞご自由に~どうもありがとね~礼はしないよ~」くらいのゆるーいノリの機能があってもいいと思う。

また、ブログで記事を公開した時点で、誰からどう見られてもどこからリンク貼られても覚悟すべしとわかっちゃいても、たまには、しごくナイーブな記事というか誤解を恐れまくる記事というか「これまでの経緯を知っている読者相手でなければ怖くて公開できない、しかし外に向かって表現したい」という記事を、書きたい人もいるだろう。この比重があまり高くなりすぎるならば、あの罵詈名言「SNSに逝け」をこの私だって口に出したくなりますが、たまにそういう「繊細な表現意欲」が起きることは仕方がないし、あっていいんじゃないでしょうか。
普段は完全公開で記事を書いているオーナーが、まれに、心情的な理由で「ファン限定」で書く記事は、繊細で味わい深いものです。どうしても閲覧を制限せざるを得なかった理由くらい、読めばわかる。かくいう私も、このあいだ初めて、ファン限定でひとつ書いた(いったん通常公開し、三日ほどおいてファン限定に切り替えた)。
いつどこからリンクされるかと怯えることなく、記事を半公開の状態で温存しておける。これは、常に全世界を相手に叫ぶだけのタフさがまだ備わっていない表現者にとっては、とてもありがたい機能だと私は思う。(※追記参照)


まあ、そんなわけで、私はまだ当分 Y!Bにいる予定です。
出るなら、ドアホタレ大家に屁くらいかましてから出たるわ! という妙な意地もあるけどね。
スポンサーサイト
01/04|付記コメント(14)トラックバック(0)TOP↑
前回の記事「さてと」に御投票いただき有難うございました。
てめぇのブログの進退を人任せにしたふざけた記事にもかかわらず、暖かいお言葉を頂戴し、たいへん有り難く思っております

投票結果は・・・見事にバラけました(笑)

で、今後の予定ですが、
いったん今までのスタイルにピリオドを打ちます。
楽しみにしてくださっていたかた、誠に申し訳ありません。

今後の更新は、完全不定期になります。
このまま放置、更新停止となるかもしれません。
メインブログに余裕があるとき、ひっそり書くかもしれませんが・・・可能性は高くはありません。
今まで読んでくださった皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

ではでは。
01/04|付記コメント(5)トラックバック(0)TOP↑
更新忘れてました。

このまま人知れず消えてしまおう けけけ、
・・・と思っていたのですが、
メンバーの御一人かみやん様からまさからコメントをいただき、
動揺しております(どどどどうしよう)

時間配分がかなり厳しいのですが、
書きたいというのが正直なところです。

以下のどれを採るか、迷い中。
気が乗ったかたは番号で、秘密(管理者だけに表示を許可する・・・コメント投稿欄一番下にチェック)で投票していただけると嬉しいです。
(「回答結果が表示されている場合、後行者の回答は先行者の回答に吸い寄せられる」というアンケートマジックを回避するため秘密投票とします。けけけ)

【選択肢】
1>1回/年の更新でもいいから、物語&Y!批判続行
2>1回/月の更新でもいいから、Y!批判続行
(※軸となる物語が無いので、精細を欠く可能性大)
3>無理しなくていい、やめておきなはれ

私としてはどれでもいいです(適当すぎでしょうか)
01/01|付記コメント(0)TOP↑
最近の記事
プロフィール

wataritori

Author:wataritori

最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。